女の子のスクール水着はどうやって選ぶ?ワンピース?セパレート?

女の子のスクール水着はどうやって選ぶ?ワンピース?セパレート?

小学校で使用するスクール水着、昔は学校指定のものがあって、親はサイズを決めて購入するだけなのが主流でした。

現在では、スクール水着の指定がない学校も多いんです。

ビキニはさすがにないと思いますが、泳ぎやすいものであればメーカーや色、形は特に指定しないがないようです。

調べてみるとラッシュガードもOKという学校もあるようですが、ほとんどの方がワンピース型かセパレート型を選んでいるようです。

そこで、セパレート型とワンピース型の特徴と、スクール水着を選ぶときのポイントをまとめてみましたので、初めてスクール水着を買うときの参考にしてみて下さいね。

セパレート型スクール水着

 

セパレート型スクール水着とは、ビキニのように上下が別々になっているものです。

ですが、ビキニのように露出はありません。

上の水着はスポーツブラのようなぴったりした形で、下はスパッツのような形をしているものがほとんどです。

セパレート型スクール水着のメリットは以下になります。

・トイレに行くときに脱ぎやすい
股下の露出が少ない

反対にデメリットは次の通りです。

・上の水着がぴったりときつめなので、脱ぐのが大変
・上下どちらかを失くしやすい
・ワンピース型スクール水着より値段が高い

スポンサーリンク

ワンピース型スクール水着

一方のワンピース型スクール水着は、昔からあるスクール水着そのものです。

ワンピース型スクール水着のメリットは以下の通り。

・肩の部分をはずしたら下に引っ張るだけなので脱ぎやすい
・セパレート型スクール水着と比べて価格が安い
・繋がっているので、おなかが出ない

デメリットはこちら。

・トイレに行くときは全部脱がなければならない
・セパレート型スクール水着と比べて露出が多い

スポンサーリンク

スクール水着を選ぶときに注意すべきポイント

統計を見ると、高学年になるにつれて股下の露出が気になるという理由から、セパレート型を選ぶ方が増えるようです。

低学年のうちは、プールが終わってからの着替えが比較的楽に出来るワンピース型が人気です。

小学校の6年間のうちに体が成長して一度は買い換えることになるので、小学校入学時から低学年のうちはワンピース型を選び、水着の脱ぎ着に慣れた高学年になったらセパレート型を選ぶというのが得策のようですね。

また、小学生の保護者からよく聞かれる意見は、「あまり何度も買いなおしたくない」ということ。

毎年毎年買い換えるのは物理的にも、金銭的にも大変です。

小学校低学年のうちは急激に成長するとしても1年に5~6cmくらいです。

しかも、子供は足から伸びる特徴があるため、ほとんどの場合2年間は十分に同じ水着を着ることができます。

水着は伸縮性のある素材でできているので、なおさらですね。

しかし、長く持たせたいからとあまりにも大きすぎる水着を選んでしまうのは危険です。

水の中に潜ったり泳いでいるうちに水着がずれてしまったり、水からプールサイドに上がるときや座ったときにお尻や股の部分が見えてしまう可能性もあります。

ジャストサイズより少し大きめくらいで留めておきましょう。

また、女の子は高学年になると大人の女性の体型に近づいてきます。

胸が膨らんでくると、水着の中にパッドを入れる必要が出てくるかもしれません。

思春期の女の子は自分から言い出しにくいものなので、親が気をつけてみてあげてくださいね。

まとめ

現在主流となっているスクール水着、セパレート型とワンピース型についてご説明しました。

また、水着を選ぶときに注意するべきポイントも併せてご紹介しましたので、初めてスクール水着を買うときや、サイズアウトで買いなおすときの参考にしてみてください。

子供が安心して思いっきりプールを楽しめるように、体にあったスクール水着を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク

夏休みカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。