梅雨のカビ対策はどうすればいい?掃除の仕方で日々の生活を快適に

梅雨のカビ対策はどうすればいい?掃除の仕方で日々の生活を快適に

ジメジメとした梅雨の時期、カビに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

私の家は窓も多く、特に北側の部屋は結露の酷くて、放っておくとカビだらけになってしまいます。

そのため、毎年、梅雨時のカビ対策は欠かせません。

今回は、そんな私が毎年、行なっているカビ対策をご紹介いたします。

梅雨にカビが生えやすくなる原因

まずカビとは微生物の一種で、私達の目には見えないだけで、実はカビの胞子は常に空気中に存在しています。

そのカビの胞子が物質に付着し、条件が揃うと発芽します。

1つ発芽するとどんどん増えて、私達の目にも見えるほど大きくなるのです。

つまり、私達が目にしているカビとは、発芽しちゃカビの胞子というわけですね。

では、カビが発芽する条件とは何でしょうか?

温度
カビは5℃~35℃前後で繁殖することができ、特に20℃~30℃くらいで活発に繁殖します。

湿度
カビが活発に繁殖する湿度は70%以上
です。
高温多湿な梅雨の時期は、まさにカビにはうってつけの時期ですね。

栄養分
人間の食べ物と同じです。
食べ物のカスやホコリなど、一般的にゴミとされるようなものがカビにとっての栄養源となります。

以上の3つが、カビが発生するための条件です。

逆に言うと、この条件をどれか1つでも満たしていなければ、カビは発生しないという事になるのです。

スポンサーリンク

梅雨のカビ対策の基本とは

湿気対策が大事

高温多湿を好むカビに一番有効なのは、乾燥です。

換気扇や除湿器などもありますが、一番は窓を開けての換気でしょう。

窓を開けて、空気の通り道を作る事で乾燥だけでなく、低温にも効果はあると思います。

こまめに掃除するのが大事

カビの栄養分がゴミだとすれば、掃除をするのが一番です。

しっかり掃除をしてカビのエサとなる汚れやホコリを取り払いましょう。

スポンサーリンク

梅雨にカビの生えやすい所の掃除の仕方

バスルーム

お風呂を使い終わったら、まず汚れを落とすために壁や床を熱いシャワーで流しましょう

室温が高いままだとカビが繁殖しやすいので、最後には冷たい水でシャワーし、壁や床に残った水分は拭き取ります。

バスルームに窓があるなら窓は開けたままに、窓がないならバスルームの換気扇をつけっぱなしにしておくのがベストです。

下駄箱

密閉性が高く、空気がこもりがちな下駄箱はカビが発生しやすいです。

下駄箱のカビ予防は、通気性をよくすることが大事

扉を開けて、中の靴を取り出すなどして空気の入れ替えをしましょう。

また、履いたばかりの靴をすぐに仕舞ったり、雨に濡れたままの靴をそのまま仕舞わないように注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

梅雨の時期は、高温多湿でカビの発生条件がそろっています。

日頃から窓を開けて換気をし、乾燥させるように心がけましょう。

そして、水回りの掃除は特に念入りに。

これだけで、カビの発生は抑えられるはずです。

カビの予防に、ぜひお役立てください。

 

スポンサーリンク

梅雨カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。