梅雨の洗濯物が乾かない!部屋干しの裏技を使って梅雨を乗り切ろう

梅雨の洗濯物が乾かない!部屋干しの裏技を使って梅雨を乗り切ろう

梅雨の時期、雨が続くと困ってしまう洗濯物。

晴れた日に一気にまとめてやろうにも、この時期だけはそうはいかないですよね。

梅雨だからと言って、洗濯物を溜めるわけにはいきません。

そこで今回は、雨の日でも効率良く洗濯物を乾かす方法(特に部屋干しの場合)をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

梅雨の時期は洗濯物を溜めないこと

まずは、こまめに洗濯する事を心がけましょう。

基本はもちろん、毎日洗濯する事が好ましいです。

とはいえ、ご家庭の事情によって2,3日に一度しか洗濯できない方もいらっしゃると思います。

梅雨時はどうしても、部屋干しになってしまいます。

部屋干しの場合、通気性を良くする事が一番。

洗濯物が多いとどうしても干す時に重なるようになりがちなので、一度に干す量を減らすためにも、洗濯はこまめにしておく事がベストです。

梅雨の洗濯物は洗濯機で脱水を念入りに

通常の洗濯コースですと、「洗い・すすぎ・脱水」で洗濯終了となると思います。

しかし、さらにここでもう一度「脱水」行なってみましょう。

洗濯物の水分を極力取る事で、乾き方が断然違ってきます。

もちろん、洗濯物の素材によっては過度な脱水は生地を傷めてしまう可能性もありますので、充分、お気を付けください。

問題がないようなら、手動で脱水を余計にかけるのもおすすめです。

梅雨は洗濯物の干し方にひと工夫

ハンガーに干す時は、裏返しに
生地の縫い目など、重なり合っている部分は乾きにくいので、裏がえしにして干しましょう。

ハンガーの並べ方にも注意
衣類やタオルなど、ハンガーにかけて干す時、その並べ方にも注意が必要です。

どうしてもやりがちなのがTシャツならTシャツ、タオルならタオルでまとめて干していませんか?

確かにその方がきちんと感があるのですが、実はここが盲点。

丈が同じもの同士並んでいると、通気性がよくないのです。

ですから空気の通り道ができるように、丈は長い物と短い物が互い違いにくる干し方が好ましいですね。

スポンサーリンク

梅雨の時期に洗濯物を干す場所

バスルーム

家の中で最も、部屋干しに優れている場所といえば、バスルームです。

バスルームはその性質上、湿気が取れやすいように設計されています。

今の住宅は、バスルームに洗濯物が干せるようになっているところが多いですよね。

浴室乾燥を利用すると、早く乾きます。

部屋干しなら、壁や窓際よりも部屋の真ん中へ

実は部屋の真ん中は、意外と空気の流れがあります。

洗濯物に向けて扇風機を回しておくのが良いと思われます。

まとめ

基本的に、部屋干しで早く乾かすために大事な事は以下のとおりになります。

  • 洗濯物の量は少なめに
  • 通気性の良い場所に干す
  • 空気の通り道を作るように干す
  • 風を当てる事

部屋干しでも早く乾かす事ができれば、生乾き臭に悩まされる事もありません。

それに昨今では、部屋干し専用の洗剤なども発売されて、生乾きの嫌な臭いも防いでくれるものもありますしね。

梅雨の時期の洗濯に参考になさってみてください。

スポンサーリンク

梅雨カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。