雨の日の一工夫!自転車に乗っていて顔が濡れないマル秘アイテム

雨の日の一工夫!自転車に乗っていて顔が濡れないマル秘アイテム

自転車通学、自転車通勤をしている方にとって、雨の日は憂鬱ですよね。

特に梅雨の時期、雨風の中、自転車を走らせるのはなかなか大変です。

雨の日は自転車を諦めて、歩く、またはバスや電車などの交通機関を利用する方も多いでしょう。

しかし、雨が降ろうが自転車に乗らなければならないという方もいらっしゃるはず。

今回はそんな方に向けて、雨の日の自転車対策をご紹介したいと思います。

雨の日の自転車で困る事といえば?

雨の日に自転車を乗る時、一番困る事と言えば、顔が濡れる事です。

女性の場合は特にメイクをしていると、化粧崩れが気になりますね。

雨合羽だと顔が濡れて化粧が落ちるので、傘を片手に自転車に乗る方も多いそうですが、風に煽られる危険もありますので注意が必要です。

危険防止のためにも、雨の日に自転車に乗る際は雨合羽着用を推奨いたします。

しかし、雨合羽でも顔が濡れないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

レイングッズでカバー
雨の日の自転車グッズとして、レインクリアバイザーや、レインハットがあります。
もしサンバイザーをお持ちなら、それでも代用可能です。

スポンサーリンク

ウォータープルーフの化粧品を使用
レイングッズでカバーしようと、完全に濡れないというのは難しいでしょう。
そんな時は、水に強いウォータープルーフ化粧品にしてみてはいかがでしょうか?

梅雨の雨対策に便利なグッズ

ポンチョ
自転車専用に設計されたポンチョはかごの部分まですっぽり被せてしまう形で、風によるめくれ帽子機能まであります。

靴用カッパ
靴を絶対に濡らさない、靴のためのレインコート。
靴というよりひざ下全部をカバーするタイプのものだと様々。

ハンドルカバー
雨合羽を着ていても、袖口から雨は入ってきます。
それを防ぐにはビニール製のハンドルカバーがあると便利です。

雨の日の自転車を運転する時に気を付ける事

視界の確保
雨の日はただでさえ視界が悪くなりがちです。
雨具をしっかりと揃えて、きちんと視界を確保するようにしましょう。

ライトの点灯
対向車や並走する車に対してアピールするためにも、ライトは昼間でも点灯しましょう。

スポンサーリンク

スピードは出し過ぎない
雨の日はタイヤが滑りやすく、ブレーキの利きもよくありません。
晴れた日の感覚で運転すると、思わぬ事故に合う危険があります。
ですので、雨の日は特に慎重な運転を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

雨の日に自転車で走行する場合のレイングッズや、注意事項をご紹介いたしました。

ともかく大事なのは、晴れの日よりも時間的余裕を持つ事だと思います。

雨の中、慌てて自転車をかっ飛ばすなんて事は、ぜひともないように心がけたいですね。

まずは安全第一に。

そして万が一、濡れてしまった場合の事も考えてタオルや予備の靴下など、備えておく事も忘れずに。

スポンサーリンク

梅雨カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。