梅雨の必須アイテム!ビニール傘の捨て方や分解方法について

梅雨の必須アイテム!ビニール傘の捨て方や分解方法について

梅雨の必須アイテム!ビニール傘の捨て方や分解方法について

梅雨の時期は、どうしても雨が多くなりますね。

天気予報では晴れだったのに急な雨に見舞われたり、折りたたみ傘を持ってない時に限って雨に降られてしまう事ってありませんか?

そんな時のお役立ちアイテムと言えば、ビニール傘。

駅前の売店やコンビニ、ドラックストアなど、最近は割とどこでも手軽に手に入ります。

お値段もお手頃なので、困った時にはついついビニール傘に頼ってしまいがち。

そして気が付いたら、家に何本もビニール傘が・・・なんて事もよくありますね。

ビニール傘って便利なのですが、やはり普通の傘に比べれば耐久性がなくて、壊れやすいのは否めません。

骨が曲がって使い物にならなくなったり、処分に困っているビニール傘があなたのお家に眠っていませんか?

今回は、そんなビニール傘の捨て方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

梅雨に必須のビニール傘は何ゴミ?

「ビニール傘を捨てたいけれど、そもそも何ゴミに分類されるかわからない。」

そんな方も結構、多いのではないでしょうか?

ビニール部分は燃えるとは思いますが、骨組み部分は金属ですからね。

どう分類していいものか、悩むところです。

実は、ビニール傘の捨て方はお住まいの地域によって異なります。

神奈川県川崎市の場合
袋などに入れず、そのままの状態で小物金属として捨てます。
複数ある場合は、紐やテープでまとめましょう。
小物金属類は基本30cm以下とされていますが、傘の場合は30cm超でも大丈夫です。

神奈川県横浜市の場合
傘は金属製の骨組み部分とビニールの部分と分けてください。
骨組み部分はそのまま金属類として、ビニール部分は袋に入れて燃えるゴミとして出してください。

このように同じ神奈川県でも地域によって捨て方は様々です。

それぞれの自治体はゴミ分類のガイドブックを発行していますので、そちらで確認してみましょう。

もしわからなければ、自治体に問い合わせてください。

ビニール傘の分解の仕方

スポンサーリンク

神奈川県横浜市のようにビニール傘を分解しなければいけない場合、やった事がないと不安に思う方も多いかもしれません。

なので、ここでは簡単にできる分解の仕方をご紹介いたします。

  1. 傘を閉じた状態で、手でつゆさき(骨の先端についたプラスチック)を引っ張って外す
  2. いしづき(傘のてっぺんに付いいてるパーツ)を引っこ抜く

こうすると、傘の骨部分とビニール部分を分解できます。

不器用な私でも数分でできてしまいました。

さほど力もいりませんので、女性でも問題なくできるかと。

錆びついていてなかなか取れない場合は、ゆっくり回しながらやるといいと思います。

なお、つゆさきやいしづきを外して露になった金属部分で、手などをケガしないように充分お気を付けください。

ビニール傘の捨て方のマナーを守ろう

ビニール傘の捨て方がわからず、出先でそのまま置いて行ったりしていませんか?

駅の構内など、公共の傘立てにわざと置き去れ、持ち主のわからないビニール傘がいつまでも放置される。

そんな光景はよく見かけますね。

自分のゴミを誰かに委ねるような事はせず、きちんと自分で処分しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ビニール傘の捨て方、意外と知らない事が多いものです。

まずは、お住まいの地域の捨て方をきちんと確認する事から始めましょう。

言うまでもない事ですが、壊れて骨が曲がってしまった場合は、骨が広がらないように紐で縛るなどして、危なくないような状態にしておきましょう。

ゴミ捨て場に置く時も倒れないように、横に寝かして置くなど配慮を忘れずに。

梅雨の時期、特にお世話になる事が多いビニール傘ですが、捨て方までしっかり押さえれば、最後まで気持ちよく使えるはずです。

スポンサーリンク

梅雨カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。