ジューンブライドは入籍と結婚式どちらを6月にしたらいいの?

ジューンブライドは入籍と結婚式どちらを6月にしたらいいの?

「6月の花嫁は幸せになれる」というジンクスでお馴染みのジューンブライド。

結婚するなら6月に、そう願っている女性も多いはず。

ところで、ジューンブライドとは入籍した月なのか、結婚式を挙げた月なのか、どちらを言うのか、悩みますよね。

ジューンブライドに重要なのは入籍?それとも結婚式?

そもそもジューンブライドとは、ヨーロッパの古い言い伝えに由来するものです。

本来、ヨーロッパでは挙式の時にサインをしたら結婚したと認められるので、結婚式を挙げた日と婚姻した日がズレるという事がありません。

しかし日本の場合は役所に婚姻届を提出し、入籍して初めて結婚したと認められますよね。

ですから、入籍日と挙式日を同日でもしない限り、結婚式を挙げた日が結婚した日にならない、なんて事が日本ではざらに起きるわけです。

では、ジューンブライドになるにはどうしたら良いのでしょうか?

ジューンブライドとは、その名の通り直訳すると「6月の花嫁」となります。

よって直訳どおりの意味であれば、入籍日ではなく、結婚式を6月に挙げる事ができれば、晴れてジューンブライドとなるというのが、通説のようです。

もちろん入籍も結婚式も6月中なら完璧だと思いますが、結婚式さえ6月にしていれば、ジューンブライドになれるようですね。

スポンサーリンク

梅雨を覚悟でジューンブライド?

「どうしても、憧れのジューンブライドになりたい!!」

そう考える女性も多い事でしょう。

先述のとおり、ジューンブライドになるには6月に結婚式を挙げなければなりません。

しかし、これは日本にはなかなか厳しい条件ですよね。

何せ6月と言えば、梅雨真っ最中の時期。

せっかくの結婚式、誰しも雨に降られたくないものです。

式を挙げる当人達はもちろん、参列されるゲストもまた同じ気持ちだといいます。

では、どうしたら良いのでしょうか?

梅雨が問題だというのなら、梅雨のないところで結婚式を挙げるという方法もあります。

6月の結婚式におすすめの場所

ヨーロッパでジューンブライドという言葉が生まれた由来の一つに、6月は気候が良いからというものがあります。

6月はヨーロッパにおいて、一年で一番気候が良い日が多いのです。

もし金銭的に余裕があるのなら、ジューンブライドの本場でもあるヨーロッパで式を挙げるなんていうのも素敵ですよね。

ジューンブライドの生まれたところで結婚式を挙げるなんて、本当に幸せになれそうな気がします。

でも・・・。

「ヨーロッパで挙式するなんて無理。」

そんな人がほとんどだと思いますが、ご安心ください。

日本にも、おすすめの場所はあります。

おすすめその1 沖縄
沖縄の梅雨明けは2017年ですと6月22日、2016年ですと6月16日でした。

ですので6月最終週にすれば、たいていは梅雨明けに式を挙げられるのではないでしょうか?

ちなみに、沖縄の梅雨は本州の梅雨とは違い、一日中しとしと降るというよりは短時間にザーっと降るので、濡れる時間も少なくて済むかも。

スポンサーリンク

おすすめその2 北海道
北海道は、日本で唯一梅雨のない地域と言われています。

年によっては、本州の梅雨と同時期に2週間ほど雨や天気のぐずつく肌寒い日もありますが、北海道の6月の降水量は梅雨時期の本州と比べて半分以下です。

確実に本州より晴れる可能性は高いですよね。

というわけで入籍日はさておき、どうしてもジューンブライドになるために6月に結婚式を挙げたいとお考えの場合は、ぜひ参考になさってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

ジューンブライドは入籍日ではなく、結婚式を挙げた日と考える人が多いようですが、実際のところ、ちゃんとした定義はありません。

極論から言えば、結婚式を挙げないカップルなどは入籍が6月ならジューンブライドと言ってしまっても良いのかも。

結局のところ、都合のいいように解釈してしまっていいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。