女性憧れのジューンブライドってヨーロッパではどんな意味がある?

女性憧れのジューンブライドってヨーロッパではどんな意味がある?

多くの女性が憧れる「ジューンブライド」。

結婚にまつわるジンクスとしては最も有名なものだと思いますが、その由来をご存知でしょうか?

今回は、「ジューンブライド」の代表的な意味と由来をご紹介します。

ヨーロッパ由来のジューンブライドとは

「ジューンブライド」(June Bride)とは、直訳のとおり「6月の花嫁」です。

もともとは欧米に古くからあった言い伝えで、6月に結婚すると一生涯幸せな結婚生活が送る事ができるという、意味が込められていました。

では、なぜそう言われるようになったのでしょうか?

その由来には様々な説がありますので、代表的なものを順に見ていきたいと思います。

ジューンブライドは女神JUNOに由来

英語で6月を意味する「June」をはじめ、多くのヨーロッパで6月を表す言葉の由来となっているのが、ローマ神話に登場する女神「JUNO」(ユノ)です。

このローマ神話の女神ユノとは、ギリシャ神話では最高位の女神とされるヘラと同一視されています。

ヘラとは、ギリシャ神話の中の全知全能の神ゼウスの正妻であり、家庭の守護神です。

その理由の一つとして、夫のゼウスが浮気性だった事が挙げられます。

ヘラはゼウスに浮気をさせないよう、良い家庭を築こうと努力したそうです。

その姿から、結婚生活における女性の守護神と言われるようになったとか。

こうしてヘラ=ユノが祭られるのは6月なので、6月に結婚すると結婚生活の守護神ユノに守られて幸せになれる、という考えが広まったそうです。

スポンサーリンク

6月が結婚解禁だったから

古代ヨーロッパでは、結婚できない時期がありました。

それが3~5月です。

なぜかと言うと、1年の中で3~5月は農作業が一番忙しい時期だから、だそうです。

繁忙期なのに結婚式なんてイベントをしたら農作業の妨げになるので、結婚を禁止していたそうです。

つまり、6月は結婚が解禁になる月だったわけで、当然、多くのカップルが結婚し、結婚ラッシュとなります。

そこから幸せが満ち溢れる月として、6月に結婚すると多くの祝福を受け、幸せになれるとされました。

ヨーロッパで6月は縁起がいい理由

何を隠そうヨーロッパでは、6月は雨が少なく気候が一番良いのです。

結婚式と言えば、晴れの門出。

できれば、雨は降ってほしくないですよね。

というわけで、雨に降られない結婚式を挙げるためにも6月に、となるわけです。

さらに、ヨーロッパでは6月12日を「恋人の日」としています。

つまり、6月の結婚は気候も良く、お天気にも恵まれて、祝福ムード満載の中で行なわれるので、幸せになれるとされているのだとか。

スポンサーリンク

日本のジューンブライド事情

さて、上記にも記したとおり「ジューンブライド」とは、欧米の言い伝えです。

では、それがどうやって日本に広まったのでしょうか?

実は、そこには日本のウエディング業界の戦略がありました。

6月と言えば、日本では梅雨の時期。雨の少ないヨーロッパとは正反対で、日本は雨が続きますよね。

当然、結婚式を挙げるなら雨は避けたいところ。

当たり前の事ですが、梅雨の時期に結婚式を挙げるカップルは減少するわけです。

そうなると困るのは、ウエディング業界の方々。その打開策として、1967年ホテルオークラの副社長が注目したのが海外の結婚式事情だったのです。

つまり、売上の少ない6月の業績改善の秘策として、海外の「ジューンブライド」を提案したのが始まりなんだとか。

日本だと6月は梅雨で結婚式には敬遠されがちですが、海外では「ジューンブライド」と言って、6月に挙式するんですよ。」

などという具合でしょうか?

ともかく、ここから「幸せになるなら、6月に」という考えが広まったようです。

「バレンタイン」同様、「ジューンブライド」も企業が主導して取り入れられたのですね。

まとめ

企業の思惑を知ってしまうと、ちょっぴり残念な気もしないでもないですが、それでも「ジューンブライド」は欧米には古くからあり、花嫁が幸せになれる月として言われていた事には変わりはありませんので、そこはご安心ください。

ヨーロッパ由来の縁起のいい日に式を挙げて、女性の憧れジューンブライドの花嫁を目指しましょう。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。