子供のあせもが多い原因と対処法は?夏場の正しい病気対策とは

子供のあせもが多い原因と対処法は?夏場の正しい病気対策とは

暑い日が続くと子供があせもに苦しむことがあります。

特に小さな子供は自分であせも対策するのは難しいですよね。

つらいあせもの原因と親がしてあげられる対処法を知って、子供をあせもから救ってあげましょう。

あせもになる原因は?

「あせも」とは、正式には「汗疹(かんしん)」と呼ばれる皮膚の疾患です。

汗腺(かんせん)に汗やホコリ、垢などの汚れが詰まることで炎症を起こすため発心ができてしまった状態。

たくさん汗をかいたあとそのままにしてしまったり、肌を汚れた状態のままにしていると、汗腺がふさがれてしまうため、汗が出にくくなってあせもが発生してしまうのです。

あせもは大きく分けて2種類あります。

紅色汗疹(こうしょくかんしん)

皮膚の深いところで汗腺が詰まってしまった状態で、肌の表面に小さな赤いぶつぶつができます。

子供のあせものほとんどはこの紅色汗疹です。

できやすいのは背中・首・わき・足の付け根・おしりの割れ目・ひざの裏側など。

ひどくかきすぎてしまうと、傷口から細菌が入ってしまい「とびひ」を引き起こす恐れもあります。

水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

紅色汗疹よりも浅い肌の表面近くに小さな水ぶくれができます。

かゆみが少ないため、気づかないことも多いようですが、特別な治療を施さなくても数日で自然に消えてしまいます。

大人にもあせもはありますが、子供は大人以上にあせもになりやすいですよね。

実は汗腺の数は大人も子供もあまり変わりません。

ではなぜ、子供はあせもになりやすいのでしょうか?

スポンサーリンク

子供にあせもが多いのはなぜ?

汗腺の数はほとんど変わりませんが、子供は体が小さい分汗腺が密集しています。

そのため汗が溜まってしまったり蒸れてしまいやすくなるため、あせもができやすいのです。

また、汗をかいても子供は自分で着替えたりシャワーを浴びることはなかなかできません

汗をかいて汚れた状態が長く続いてしまうため、汗腺が詰まりやすいと考えられ、さらに子供は新陳代謝が活発なので大人よりたくさん汗をかきます。

大人は体温を下げるために汗を出すだけではなく自律神経の機能も働きますが、子供は未発達なので体温調整は発汗のみとなってしまうのです。

あせもになってしまったときの対策と治療法

あせもを悪化させないために、以下の3つを心がけるとよいでしょう。

汗をかいたらそのままにしない

汗をかいたまま放っておくと、皮膚に汚れが残ってしまうためあせもが悪化してしまう恐れがあります。

汗をかいてしまったら、清潔なタオルやハンカチでこまめに拭いてあげてください

たくさん汗をかいたときは、汗を拭いた後に着替えるとさらに効果的です。

お風呂には毎日入って、体の汚れを洗い流すこともお忘れなく。

スポンサーリンク

通気性のよい服を着させる

子供があせもにならないように吸湿性・速乾性の高いものを肌着に選んであげてください。

袖口や襟元も装飾のついていない、すっきりとしたものにしてあげるとかゆみを感じにくくなります。

また、冬でもあせもに注意が必要です。

暖房で暖めすぎたり、衣類を重ね着しすぎたりすると冬でもあせもができてしまいます。

子供が寒すぎない程度に、薄着を心がけてください。

スキンケアをしてあげる

お風呂やシャワーで肌をきれいにした後は、スキンケアをしっかりとしてあげてください。

肌が乾燥していると角質層が崩れてしまい雑菌が入りやすくなります

また、乾燥するとかゆみが強くなることもあるので保湿はしっかりしてあげましょう。

先に述べた水晶様汗疹は自然に治ってしまうので特別な治療は必要ありませんが、紅色汗疹の場合、かゆみがひどくなってしまったら皮膚科や小児科を受診してください、

炎症を抑える塗り薬や飲み薬が処方されるので、1週間ほどで症状が落ち着いてくるはずです。

どうしてもかゆくてたまらないときは、爪を立ててかくのではなく冷たいタオルで冷やしてあげてください。

かきむしってしまうと、患部の炎症がひどくなってしまいます。

毎日お風呂やシャワーで汚れを落とすのは重要なのですが、あまり暖めすぎるとかゆみを感じやすいので、かゆいときはぬるめのシャワーでさっと済ませてあげるとよいでしょう。

まとめ

子供があせもになると痒くて辛い日々を過ごしてしまうので、あせもになる前の対策が最重要になります。

それでも万一あせもになってしまったら、かきすぎて「とびひ」にならないよう、注意してあげてください。

一番重要なのは、皮膚を清潔に保つことです。

汗をかいたらこまめにふき取って、毎日お風呂で汚れを洗い流してあげましょう。

スポンサーリンク

ヘルスケアカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。