梅雨の季節のジューンブライドだからできる結婚式のおすすめ演出とは

梅雨の季節のジューンブライドだからできる結婚式のおすすめ演出とは

6月の花嫁は幸せになれるというジューンブライドは、多くの女性の憧れですよね。

ただ残念ながら6月と言えば、梅雨の季節真っただ中。

結婚式当日の天気が気がかりなところです。

そこで今回は6月に結婚式を挙げるにあたり、梅雨ならではの演出や、ゲストへの配慮の仕方をご紹介したいと思います。

ジューンブライドの式場選びのポイントとは

梅雨に限らず、結婚式当日が晴れてくれるとは限らないものです。

当然ながら、式場は雨が降っても予定通りの結婚式が挙げられるところがいいですよね。

そこでよく言われるのが、全天候型のチャペルガーデン。

晴れの日なら天窓から陽光が降り注ぐ天空のチャペルで厳かに式を挙げた後は、吹き抜けのアトリウムガーデンでゲストをおもてなし、なんていうのも素敵ですよね。

アトリウムガーデンやインナーガーデンなどは天気を気にする事なく、感動的なウエディングができるので安心です。

スポンサーリンク

ジューンブライドの結婚式は6月ならではの演出を

ジューンブライドは梅雨真っただ中。

そんな梅雨の季節の6月だからこそできる演出もあります。

6月の花 紫陽花

ジューンブライドの時期、6月に見ごろを迎える花と言えば、紫陽花ですよね。

というわけで、式場や披露宴会場の装飾に紫陽花をテーマにコーディネートしてみるのはいかがでしょうか?

ちなみに、紫陽花の花言葉は「家族の結びつき」や「辛抱強い愛情」だそう。

結婚式にはぴったりですよね。

紫陽花は色とりどりの種類がありますので、ゲストテーブルやメイン装花に使うことで四季を感じる華やかな演出ができるのではないでしょうか?

また花嫁の持つブーケに紫陽花を使うのも、ボリュームと可愛らしさが出て素敵だと思います。

傘をテーマに

雨が降るシーズンだからこそ、敢えて傘をテーマにしてみるというのはどうでしょう?

傘をシャンデリアのようにして室内をコーディネートしたり、新郎新婦の小物使いとして傘を用いたりするのもオシャレで6月にピッタリの演出だと思います。

また傘だけでなく、てるてる坊主をゲストテーブルに可愛く置いたりすれば、小さなお子様にも喜んでもらえそうですね。

スポンサーリンク

父の日も絡んだ感謝の演出を

6月と言えば、第3日曜日は父の日ですよね。

というわけで、父の日にちなんだプレゼントをあげてみるのはいかがでしょう?

よく花嫁から両親に感謝の手紙を読む事はありますが、せっかくですので父の日としてプレゼントをサプライズとして渡してみると、より感動的になりそうです。

ゲストへの心遣いを忘れずに

式を挙げる花嫁にとってジューンブライドは憧れではありますが、出席者にとってはやはり梅雨の式なので心遣いを忘れてはいけません。

式場までのアクセス、送迎の手配

天候に関わらず最寄り駅から離れた式場であれば、送迎バスの手配やタクシーチケットを用意するなどありますが、結婚式当日が雨の場合は、なおさらですよね。

出来る限り、雨に濡れないように気配りする事が大事です。

雨に濡れた時のために受付にタオルを

ゲストが来る途中で雨に濡れてしまった時に備えて、会場入り口や受付でタオルを準備しておきましょう

びしょ濡れとまでないかなくとも、少し服やバックが濡れてしまった時など、ゲストもきっとありがたく感じてくれるはずです。

化粧室にもタオルやドライヤーを

雨の日はヘアスタイルも崩れがち

それは花嫁だけでなく、ゲストも一緒です。

雨の中、せっかくお祝いに来てくれたゲストが気持ちよく参列できるよう、化粧室にはヘアメイクを整える環境を用意しておいたら、喜んでもらえるのではないでしょうか?

ここまで紹介してきた傘やアメニティグッズを、ゲストに全部プレゼントするというのもいいかもしれませんね。

たとえ雨の結婚式だとしても、雨を配慮した対策をすることできっとゲストにも喜んでもらえると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ジューンブライドには憧れるけれど、6月は雨の結婚式になりそうで憂鬱、そう考える人も多いと思います。

しかし6月ならではの思考を取り入れた演出や、ゲストへ細やかな心遣いをするだけで、たとえ雨でも、素敵な結婚式は可能です。

どうかご参考までに。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。