6月のジューンブライドは挙式費用が高額になるってホント!?

6月のジューンブライドは挙式費用が高額になるってホント!?

「6月の花嫁は幸せになれる」

結婚にまつわるジンクスで最も有名なものと言えば、このジューンブライドですよね。

やはり、ジューンブライドの6月に結婚式を挙げるカップルは多いのでしょうか?

結婚式の費用は「月」ごとに違うと言いますが、6月の人気が高ければ、費用もそれに比例しそうですが・・・。

実際のところ、どうなのでしょうか?

結婚式で一番人気があるのは何月?

まずは、2017年のゼクシィトレンド調査のデータを参考にランキングでベスト3をご紹介します。

パーセンテージは、その月に結婚した人の割合を示しています。

  • 1位 10月・・・13,4%
  • 2位 11月・・・13,3%
  • 3位 5月  ・・・11,3%

ご覧のとおり、6月は一番人気ではありませんでした

皆さん、ジューンブライドには憧れつつもやはり梅雨を敬遠しているようです。

ベスト3を見る限り、結婚式の人気のシーズンは春と秋暑くもなく、寒くもなく、確かに良い時期ですよね。

1番人気の10月は気候も安定していて晴れの多い月であることから、野外のウエディングにもピッタリ。

また、秋には美味しい食材がたくさんあります。

秋の味覚をたっぷり堪能できるお料理でゲストをもてなす事もできますね。

2番人気の11月は、和装で結婚式をするのにおすすめなんだとか。

特に、11月は1年の中で祝日が多いのも魅力の一つですね。

あとは「11月22日」のいい夫婦の日にあやかって、11月に結婚式を挙げるカップルも多いらしいですよ。

3番人気の5月は、緑豊かでお花もたくさん咲き始めるシーズン。

3,4月という春先の安定しない気候に比べて、5月は穏やかな日が多いです。

ガーデンウェディングに打ってつけですね。

スポンサーリンク

6月の挙式人気はそこそこ

ちなみに、ジューンブライドでお馴染みの6月は何と6位でした。

人気はそこそこ、と言った感じでしょうか?

確かに6月は梅雨で雨が心配ですが、年間を通して最も雨が多いのは9月です。

9月は秋の長雨と言いますし、また台風のシーズンでもありますよね。

それに比べれば、6月の方が天候に希望が持てるかもしれません。

ともかく、この人気の順位から察するに6月の結婚式の費用は実に微妙なラインです。

完全なオフシーズンではないので安いわけでもなく、かといってハイシーズンでもないので特別高額というわけでもないようですね。

確実に言える事と言えば、「ジューンブライドだから6月は高い」というわけではない、ということくらいでしょうか?

スポンサーリンク

結婚式の費用が安いオフシーズンはいつ?

 

結婚式を挙げるのが安い時期=オフシーズンという事になります。

では、結婚式を挙げる月で人気がないのは何月なのでしょうか?

先程と同様、ゼクシィトレンドのデータをもとに見ていきたいと思います。

  • ワースト1位 1月・・・3,5%
  • ワースト2位 8月・・・4,3%
  • ワースト3位 2月・・・5,2%

ワースト1位の1月は当然と言えば当然ですが、やはりお正月ですからね。

年の初めはゆっくりしたいと誰しも思うわけで、必然的に人気はないようです。

寒さというデメリットはぬぐえませんが、1月は降水量も少ない方なので雨が心配な方にはおすすめ

ワースト2位の8月も納得

何と言っても夏本番、1年で最も暑い季節ですからね。

炎天下のガーデンウェディングなんて、汗や化粧崩れ、日焼けが心配になります。

また夏休みの時期でもありますから、予定が入っているゲストも方も多いはずですよね。

ワースト3位の2月は、何と言っても寒さがネックでしょうか。

1年の中でも寒さの厳しい時期でもありますからね。

雪の影響などで交通機関がストップしてしまうと、遠方からのゲストに参加していただけない、なんてこともありそう。

とはいえ、2月はバレンタインもありますので可愛らしい結婚式にはできそうですが、それはともかく、オフシーズンとなるのは夏の暑い時期、冬の寒い時期のようです。

この時期は割安な料金設定になったり、お得なプランが用意されている事が多いようなので、費用を少しでも抑えようと考えている方にはおすすめですね。

まとめ

いかがでしたか?

ジューンブライドは人気で費用も高いのかと思いきや、実はそうでもないようです。

結婚式を挙げる時期をお考えの際は、ぜひ参考になさってみてください。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。