6月の結婚式に参列する場合ドレスやヘアスタイルはどうするのがいい?

6月の結婚式に参列する場合ドレスやヘアスタイルはどうするのがいい?

6月はジューンブライドです。

花嫁にとっては憧れのこの時期、友人や知人の結婚式にお呼ばれする事も多くなるかもしれませんね。

しかし6月は梅雨の季節でもあり、雨天の可能性も考えると、ドレスやヘアスタイルをどうしようか悩みどころ。

では、一体、どんな格好で参列するのがベストなのでしょうか?

6月の結婚式はロングのイブニングドレスは避けて

雨の水しぶき

たとえ結婚式場が全天候型で雨でも安心だとしても、会場に行くまでの道のりが肝心です。

裾の長いロング丈のドレスは、雨に濡れてしまいがち。

夕方から夜に行われる結婚式の場合、女性の正装としてロングのイブニングドレスがありますが、梅雨の時期は避けておいた方が無難ですね。

また雨に濡れて、変色してしまうような生地で出来ているドレスは要注意です。

明らかにびしょ濡れだとバレバレなのは恥ずかしいですよね。

出かけに雨が降っている場合、確実なのはレインコートなどを着て、ドレスを濡らさないよう、ご注意ください。

6月の結婚式の靴やストッキングはどうする?

6月という時期に関わらず、結婚式の場合は「露出の少ないパンプス」が基本です。

ただ雨の場合を考えると、ヒールが高過ぎると滑りやすいので注意しましょう。

ヒールは3㎝くらいが丁度良さそうですね。

また同じパンプスでも、足先が見えるタイプのオープントゥパンプスはやめた方が良さそうです。

夏が近いという事でサンダルやミュールも履いてしまいがちですが、こちらも実はNG。

結婚式では、足のつま先を出すと「妻が先に出る」という事で縁起が悪いとされているそうです。

要するに「足先を隠すのが正装」という事を覚えておけば十分ですし、またストッキングを履く場合、ヌーディな色をチョイスしましょう。

ちなみに黒のストッキングは喪服を連想させるため、NGです。

雨の場合、足元は最も濡れやすい場所ですよね。

防水スプレーなどでしっかり靴をガードするのを忘れずに。

ストッキングは念のため、替えの物を用意していった方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

6月の結婚式は崩れないヘアスタイルを心がけて

髪を束ねた後ろ姿の女性

梅雨の時期、ただでさえ湿気が多くて髪の毛はボサボサに広がりますよね。

せっかく結婚式にお呼ばれされているなら、ドレスだけでなくそのヘアスタイルも華やかにアレンジしたいところ。

結婚式のヘアスタイルは大きく分けて、「アップスタイル」「ハーフアップスタイル」「ダウンスタイル」があります。

お天気が雨の場合、髪を下ろす「ダウンスタイル」ではなく、断然「アップスタイル」がおすすめですね。

そもそもフォーマルな場では、「アップスタイル」のアレンジがマナー。

髪をアップにする事で上品なイメージを出しつつ、天候に左右されず、雨でも崩れないヘアスタイルです。

6月の結婚式は上に羽織るものはあった方がベスト

夏が間近に控えている6月は蒸し暑いというイメージ

しかし、式場や披露宴会場はエアコンが効き過ぎて寒い、なんて事もありがちです。

そのため、上に羽織る上着はあった方がベスト。

そもそも結婚式では過度な露出は控えるべきなので、ボレロやショールがあると便利だと思います。

スポンサーリンク

6月の結婚式は現地で着替える方法もあり

あいにくの悪天候の中、自宅からドレスアップして出かけるのが億劫でどんなに雨対策したところで、濡れる時は濡れてしまいますものね。

では、どうしたらいいのか?

ずばり、会場で着替えればいいのです。

結婚式会場がホテルの場合など特に、結婚式参列者のための更衣室が用意されています。

ホテルならたいてい美容院もありますし、ヘアセットもお願いできる所もあるので、事前に式場に問い合わせて更衣室が利用できるのかなど、聞いてみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

6月の結婚式、万が一、雨の中、参列する場合に備えてご紹介してきました。

結局のところ、結婚式場でドレスに着換えしたり、ヘアスタイルを整える事ができれば、それが一番ベストだと思います。

そうでない場合は、できる限り雨対策をしっかりして臨みましょう。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。