結婚式の二次会はどんな余興をすればいい?服装やマナーは大丈夫?

結婚式の二次会はどんな余興をすればいい?服装やマナーは大丈夫?

6月はジューンブライド。

女性なら誰でも憧れるこの時期、友人、知人から結婚式に招かれる事も少なくないですよね。

もしあなたが「新郎新婦から余興をしてほしい」と頼まれたら、どうしますか?

せっかく頼まれた以上、何とか会場を盛り上げたいところ。

しかし、余興のネタを考える前に大事な注意事項があります。

まずは、それを確認してからにしましょう。

結婚式の余興は事前確認を怠らずに

パーティー会場

余興を頼まれたからといって、一人で先走って余興のネタを決めるのではなく、事前に新郎新婦に相談しましょう。

新郎新婦が望む余興内容は何か?

例えば、新郎新婦から「こんな余興をしてほしい」という希望がある場合、それに沿って余興内容を決めた方がスムーズです。

また興を一人でやるのか、それともグループでやるのかなもど、話し合っておいた方がいいでしょう。

余興時間の確認

余興に割り当てられた時間はどれくらいなのか、確認は必須です。

一般的には10分~20分が目安ですが、披露宴の進行の関係や演出の仕方、ゲストの数によって異なりますので、必ず前もって聞いておきましょう。

本番当日は、何かと時間を押すもの。

制限時間オーバーにはならないように気を付けたいですね。

スポンサーリンク

余興をやるタイミングも重要

進行上、余興をいつやるのか、その順番も気になるところです。

複数の余興がなされる場合、他の余興との兼ね合いもあるでしょう。

順番によっては、盛り上げ方を考えた方がいい場合もあるかもしれませんね。

余興に必要な道具の有無

余興に持ち込む道具がある場合、あらかじめ新郎新婦に伝えておきましょう。

式場側で準備が必要な場合もあります。

例えば、楽器を持ち込んで演奏する場合など。

一般的な結婚式の余興とは

パーティー会場とビンゴゲーム

よくある披露宴の余興としては、歌やダンス、ムービーの上映、バンドの演奏、お笑い芸人のネタなどですね。

ゲスト参加型の余興ですと、新郎新婦や会場にいるゲストに声掛けして一緒に参加してもらいます。

またゲームやクイズ、テーブルスピーチなどがありますね。

また、最近では新郎新婦の好きなお笑い芸人やタレントにお願いして、余興をしてもらうパターンもあります。

サプライズゲストとして来てもらえれば、会場も盛り上がりますね。

結婚式の余興で絶対NGな事とは

結婚式というおめでたい席ですから、祝福ムードを台無しにするような事がないように気を付けなければなりません。

NGワード

特に余興で歌を歌う場合、そもそも「恋の終わり」や「失恋」がテーマのものはダメです。

そうでなくとも、歌詞の中に「別れ」や「終わり」「飽きる」「嫌い」など、NGワードが入っているものは避けましょう。

洋楽の場合は英語の歌詞にも注意し、メッセージ動画やムービーを流す場合も同様に気を付けてください。

NGワードと思われるワードが入らないように気を配りましょう。

スポンサーリンク

盛り上がり過ぎにも注意

ゲスト参加型の余興など、みんなで楽しめるような余興をすると、こちらが思っていた以上に盛り上がる事もあります。

新郎新婦はもちろんゲストの方々に楽しんでもらえたら大成功なのですが、あまりに盛り上がり過ぎてしまうと、収拾がつかなくなり、全体の進行の妨げになる事も

他にも余興をするゲストがいるのにその方達の時間まで使ってしまう、なんて事がないように気を付けましょう。

それから、いくら笑いが取れるからと言って、品のない余興はやめた方が無難です。

ゲストには新郎新婦の親族の他、会社関係の方々などがいらっしゃるかもしれません。

あくまで常識の範囲内のネタにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

結婚式の余興と言えば、新郎新婦はもちろんですが、他のゲストにとっても楽しみの一つだったりもします。

だからこそ、頼まれたら盛り上がる余興をやりたいですよね。

しかし何をやるか考える前に、まずは押さえるべきところは確実に押さえておきましょう。

結婚式にふさわしい余興で、会場を盛りあげたいですね。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。