結婚式の子供服はどんな服装がいいの?意外と知らない式場マナー

結婚式の子供服はどんな服装がいいの?意外と知らない式場マナー

6月と言えば、ジューンブライドの季節。

友人や知人から、結婚式にお呼ばれする機会も増えるかもしれません。

ところで、結婚式に子供を連れて参列する時「子供にはどんな服装をさせたらいいのか、よくわからない」そう思う事、ありませんか?

今回はそんなお悩みを解決すべく、結婚式の子供服ついてご紹介します。

結婚式の子供服に制服を着せるのはあり?

制服姿の小学生男女

マナー本などにもありますが、子供のフォーマルの基本は制服です。

お子さんが制服のある幼稚園、保育園に通っているのなら、制服を着せる事はマナー違反にはなりません。

ただし、制服の場合は靴や靴下にまでちゃんと気配りを忘れずに。

普段は運動靴やスニーカーで通っていたとしても、結婚式には黒や茶の革靴か、ローファーなど、フォーマルな場にふさわしいものにしましょう。

当然、靴下もその靴に見合ったものを履かせてください。

しかし、近年、お葬式では制服を着る子供は見かけても、結婚式ではあまり見る事は少なくなってきたようです。

制服であればきちんと感は間違いないですが、華やかな場では少し地味では?と敬遠する方もいるのでご両親やお友達に一度相談してみると安心ですね。

スポンサーリンク

結婚式の子供服は女の子ならドレスやワンピース

小さな女の子のドレス姿

お子さんが女の子なら、ドレスやワンピースが可愛らしくて良いと思います。

シフォン素材や、オーガンジー、シャンタン生地やレース素材を使ったものがおすすめです。

ただし、白いドレスはやめておいた方が無難です。

白いドレスは花嫁の特権。

大人が白いドレスがNGなように、子供にもNGを出す考えの人が多いようです

またフォーマルな場なので、子供とはいえ、肩を出す事は避けたいもの。

袖のないドレスやワンピースの場合、上に羽織るボレロなどを着せる事を忘れないようにしましょう。

結婚式の子供の服装は男の子ならスーツやブレザー

男子制服

お子さんが男の子なら、スーツやブレザーが基本です。

ズボンの丈は、長ズボンでも半ズボンでもどちらでも問題ありません。

足元はフォーマルの場にふさわしく、黒か茶の革靴が良いでしょう。

またスーツのポケットにチーフを入れたり、首元に蝶ネクタイをつけるなど、小物でアレンジするとオシャレに可愛くできますね。

結婚式は清潔感あふれるヘアスタイルで

子供だからと言って寝ぐせそのままに連れてきては、いくらオシャレな洋服で来たとしても台無しです。

きちんとヘアスタイルまでキメてあげましょう。

髪が長い女の子なら、リボンで結んであげたり、アップにするのも良いですね。

男の子なら、ムースやワックスを使ってカッコ良くセットしてあげるのもいいかもしれません。

いずれにしても、清潔感あふれるヘアスタイルにしてあげましょう。

スポンサーリンク

結婚式の子供の服装で注意したい事とは

着心地のいいものを
結婚式という場に着ていくのは、いわゆる「よそ行きの服」。

普段、着慣れていないものを着せられて、お子さんも疲れてしまうかも。

特に結婚式、披露宴ともなると何時間もじっとしていなければならなくて、小さなお子さんには苦痛だったりしますよね。

お子さんがご機嫌でいられるように、通気性や肌触りの良いものを選んであげたいですね。

食べこぼしにも注意
最近の結婚式では、お子様向けのお料理を出してくれるところも多いらしいですね。

出席する側としては嬉しい限りですが、お子さんの食事で気を付けなければならないのは食べこぼし。

「せっかくのドレスが汚れてしまった!」

そんな悲劇をおこさないように、食べこぼしが心配な小さなお子さんの場合は、エプロンや前掛けを持っていくようにしましょう。

また万が一、食べこぼして服を汚してしまったとしても、あまり目立たない色味の服を最初から選ぶなど、気を配った方が良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は結婚式にふさわしい子供服について、簡単にまとめてみました。

子供と言えど、基本は大人と同じです。

派手過ぎず、品のある服装を心がけましょう。

新郎新婦はもちろんですが、子供自身にも喜んでもらえるような、そんな素敵なファッションだといいですね。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。