結婚式のドレスで30代女性にふさわしいものとNGなものとは

結婚式のドレスで30代女性にふさわしいものとNGなものとは

6月といえばジューンブライド。

この時期に結婚式に招待される女性も多いのではないでしょうか。

花嫁にとっては憧れのこの時期、友人や知人の結婚式にお呼ばれする事も多くなるかもしれませんね。

30代になってからお呼ばれする結婚式。

年齢にふさわしく、大人な女性のオシャレをしたいものですよね。

そこで今回は、30代の女性におすすめのファッションをご紹介します。

20代の頃に買ったドレスは避けて

「20代の頃、結婚式用に買ったドレス、まだ数回しか来てない。」

なんて事、ありますよね。

初めて、友人の結婚式に招かれて気合を入れて買ったドレス。

高かった割には、あまり使用頻度がないパーティドレスがクローゼットに今も眠っている人も結構、いらっしゃるのでは?

出番が少ないからこそ、その都度、買い替えるのは高くつくのでもったいないですよね。

そこで「20代の頃とスタイルも変わらないし、まだ着られる」と思っているあなた。

そのドレスで本当に大丈夫ですか?

色やデザインが可愛過ぎたり、丈が身近過ぎたりしていないですか?

年相応のものでないと、若作りしてイタイ女性だなんて思われてしまうかも。

そうならないためにも、20代に買った頃のドレスは避けた方が良さそうです。

スポンサーリンク

30代の女性に人気のドレスの色は?

ドレスを選ぶ女性

30代だからと言って、派手な色がNGなワケではありません。

しかし一般的に20代の頃に比べて、30代になると落ち付いた色のドレスを選ぶ方が多いよう。

女性も30代ともなると、結婚し家庭を持っている方、あるいは独身でもキャリアを積まれて立場のある方など落ち着きある立場の方が増えてくるのが現状です。

また、いかにも結婚式用というものではなく、入学式や他のパーティなど、着回しができるような定番なものが人気です。

ブラック・ブラウン系

定番として、人気なのが黒と茶

ただ定番だからこそ、素材やデザインにはこだわりを見せたいですね。

また色味だけでは地味になりがりですので、小物を上手く使う事を忘れずに。

ブルー・グリーン系

黒、茶の次に大人の女性に人気と言えば、青、緑です。

パステル系ではなく、ネイビーや深いグリーンなど、落ち着いたカラーなら品があって素敵です。

濃いめのカラーでも、光沢のある素材なら華やかになりますよ。

レッド・ピンク系

10代、20代向けのビビッドな赤や淡いピンクでなければ、明るいカラーでも大人の女性が着ても問題ありません

ただし、明るいカラーならなおさら露出は控えめにしたいところ。

そして、小物の色使いやデザインを上品にする事できちんとした大人感を出しましょう。

ドレスのデザインで注意したいところ

30代女性がドレス選びをする上で、気を付けるべき点は以下の3点です。

丈の長さ

そもそも結婚式では、極端に短いドレスはNGですが。

30代という年齢を考えると、スカートならひざ丈くらいベストだと思います。

体型にあったデザインを

体型を気にし過ぎて、体のラインがまったく出ないようなポンチョのようなドレスだと、かえって太って見えてしまいがち

例えば、お腹が気になる人なら、胸の下で切り替えのあるデザインだとメリハリが出て、足長効果もあります。

スポンサーリンク

式場の雰囲気にあったドレスを

式場が格調高いホテルなら、よりフォーマル度が高いシンプルで無地のドレスを選びましょう。

レストランウェディングなら、お店の雰囲気に合わせた女性らしいデザインを選べば間違いありません。

ただしカジュアルになり過ぎないよう、小物使いや靴選びはきちんとしましょう。

また、参列する結婚式が親族のものなのか、友人のものなのかによっても多少、異なります。

一般的に、親族のドレスコードは「控えめ」。

そして、友人の場合は華やかさ大事と言われています。

それぞれのシチュエーションに合わせたドレスにしましょう。

まとめ

30代女性にふさわしいドレスをご紹介してきました。

せっかく結婚式にお呼ばれしたら、大人の魅力溢れるファッションで行きたいものです。

着丈や露出度には最低限の常識はわきまえつつ、ぜひ自分にピッタリなドレスを選んでくださいね。

スポンサーリンク

ジューンブライドカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。