梅雨のジメジメした季節のカビから大切な家を守る簡単な対策とは?

梅雨のジメジメした季節のカビから大切な家を守る簡単な対策とは?

春が終わりに近づくと、憂鬱な季節が近づいてきます。

雨の多い日が続き、家の中も湿っぽくなったりカビが発生したりしやすい「梅雨」です。

もちろん、雨に濡れた草花は美しいですし、農作物には恵みの雨なのですが家の中に過剰な湿気は必要なし!

そこで、梅雨のジメジメした時期にできる湿気・カビ対策について調べてみました。

カビはなぜ生えるの?

窓ガラスについた結露

カビが繁殖する原因は以下の2つが考えられます。

湿気

雨の多い梅雨の時期は、湿度の調整がとても難しいですよね。

カビは湿度が70%を超えると繁殖しやすいと言われています。

除湿器などを使用して湿度を60%以下程度に抑えることはできますが、それでもカビは生えてしまいます。

部屋の中の湿度が下がったとしても、家全体が湿気にさらされて家の建具等に湿気を多く含んだ状態になっているからなのです。

また、梅雨の時期の温度もカビが繁殖しやすい条件の一つです。

カビは0℃~50℃であれば活動できると言われています。

梅雨の時期である6月の平均気温は24℃~26℃くらいなので、活発にカビが活動しやすい温度であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

カビの栄養源がある

カビは人が食べる食物はもちろん、人間の皮脂やほこり、木材などあらゆるものを栄養源にしています。

ゴミやほこりが部屋のすみにたまっていると、カビが栄養を吸収してどんどん繁殖してしまいます。

そのため、湿気だけを下げても掃除が行き届いていないと、カビが増えてしまうので注意が必要です。

効果的なカビ対策とは?

浴槽に水を貼っている途中

本格的な梅雨を迎える前にできる準備をしておきたいものです。

そこで、カビの生えやすい場所ごとに備えるべきことをご紹介します。

お風呂

カビが生えやすい場所ナンバー1といえば、お風呂

梅雨の前に汚れを落としておきましょう。

もうカビが生えてしまっている場合は、今後に備えてカビ取り剤などを使ってカビを除去しておきます。

カビを退治したら、新しいカビが繁殖しないように対策を開始します。

カビの栄養源である湯垢やせっけんカスを残さないのが鉄則なので、入浴後に熱いシャワーをかけます

せっけんやシャンプーなどが置いてあるスペースや、身体を洗うコーナーは念入りに。

その後冷たいシャワーをかけて、浴室内の温度を下げたら、換気扇を回したり窓を開けたりして乾燥させましょう。

キッチン

家族の食事を作る場所なので、カビが生えてしまったら家族の健康も損なってしまいます。

シンクは毎日掃除して、水滴はこまめにふき取っておくことでカビを防ぐことができます。

冷蔵庫は一度中のものをすべて取り出して、アルコールスプレーなどを使って掃除しておくとよいでしょう。

また、冷蔵庫が綺麗でも残った食材を入れっぱなしにしておくとカビを発生させてしまうこともあります。

傷んでしまった野菜がないか、日々チェックするようにしてください。

スポンサーリンク

エアコン

中を見ることが少ないので見逃してしまいがちですが、エアコンもカビが生えやすい場所です。

自動洗浄機能のついているものも増えていますが、フィルターの掃除は2週間に一度程度行うとよいとされています。

まめに掃除することで、カビ予防だけではなく電気代の節約にも繋がります。

汚れたまま使用すると、カビやほこりが家じゅうに巻き散ることになるので、面倒だと思ってもこまめに掃除するように心がけてください。

リビング

リビングのカビ対策はこまめな掃除と換気に尽きます。

天気のいい日に家じゅうの窓を開けて、風を通すように心がけてみてください。

除湿器である程度の除湿はできますが窓を開けての換気にはかなわないので、窓を開けて風通しをしてカビの発生を防ぎましょう。

まとめ

いかがでしたか?

気が重くなるような天気が続く梅雨ですが、毎日の対策でカビの悩みから解放されるかもしれません。

カビが大量に発生する前に、日ごろからできるカビ対策で快適な夏を迎えてください。

スポンサーリンク

カビ対策カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。