【2018】仙台七夕祭りや前夜祭の日程と名前の由来について

【2018】仙台七夕祭りや前夜祭の日程と名前の由来について

七夕といえば笹に短冊をつけてお願い事をする習慣が全国でありますよね。

7月7日、織姫と彦星が天の川を渡って会うことができる日でもあり小さい頃から慣れ親しんできました。

あなたの住む地方でも七夕祭りが開催されているかと思いますが、東北地方で有名な七夕祭りといえば「仙台七夕祭り」です。

そこで今回は毎年約200万人以上の人が訪れる仙台七夕祭りについてお話します。

仙台七夕祭りはどんな祭り?

仙台七夕祭りは東北三大祭りの1つで、全国的にも一番大きな七夕祭りです。

仙台市中心部のアーケードや中央通り、仙台駅周辺で七夕の飾り付けが行われています。

また各家庭や商店街でも飾り付けがされており、街中が七夕の飾りによって観光に訪れる全ての人を魅了することでしょう。

仙台七夕祭りは1927年より第一次世界大戦後の不況を乗り切るために始められたお祭りです。

伊達政宗の時代から仙台で七夕祭りが始まったと言われています。

七夕祭りの風習は明治、大正時代と続いてはいくものの次第に小さくなっていきます。

そこで1927年にもう一度仙台七夕祭りを盛り上げたいという仙台の人たちの希望によって仙台七夕祭りが賑やかな祭りへと復活しました。

仙台七夕祭りは和太鼓や音楽のパフォーマンスや盆踊り、花火なども楽しむことができます。

また、仙台ならではの屋台や小さな子供向けの七夕飾り作りなどの体験コーナーもあります。

七夕の飾り付けもとても華やかで良いですが、こういった催しもあるので子供から大人まで楽しめる祭りです。

スポンサーリンク

仙台七夕の七つの飾りとは?

仙台七夕祭りには伝統的な飾りがあり、「七つ飾り」と呼ばれています。

①短冊
学問や書道の上達

②紙衣
病気や災難の厄除け

③折り鶴
家内安全と健康成就

④巾着
商売繁盛

⑤投網
豊漁・豊作

⑥屑篭
清潔と倹約

⑦吹き流し
織姫の織糸

紙で作られた七つ飾りには仙台市民のこのような願いが込められています。

現在も大事に受け継がれており、仙台七夕祭りで実際に見ることができるので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

仙台七夕祭りの2018年の日程は?

仙台七夕祭りの日程は2018年8月6日~8日までの3日間です。

毎年曜日に関係なくこの3日間で行われているのですが、今年は月曜から水曜ということで全て平日なので少し来客数が減りそうです。

逆に言えばゆっくり仙台七夕祭りを堪能できるので、今年はチャンスかもしれませんね。

開催時間は中心部商店街と周辺部商店街によって違うのでご注意ください。

▪︎中心部商店街

8月6・7日→10時~22時
8月8日→10時~21時

▪︎周辺部商店街

8月6日~8日→10時~18時

開催時間はこのようになっています。

七夕なのになぜ8月?と思われる方も多いと思いますが、仙台七夕祭りは旧暦の行事のため毎年月遅れの8月に開催しているみたいです。

スポンサーリンク

仙台七夕祭りの前夜祭の日程は?

仙台七夕祭りの前夜祭は花火大会が開催されます。

2017年に行われた前夜祭の花火大会では花火の打ち上げ数が16,000発という大規模な花火大会でした。

今年も8月5日に花火大会が開催されます。

花火の打ち上げ時間は19時~20時半です。

前夜祭の日である8月5日は日曜なので、今年もたくさんの人で賑わう花火大会になりそうですね。

8月5日が雨天の場合は8月9日に延期となります。

仙台七夕祭りは前夜から花火大会が楽しめるので、毎年4日間楽しむことができるということですね!

まとめ

仙台七夕祭りは大きな祭りなだけに一度は耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか?

私も仙台七夕祭りは聞いたことはあったのですが、今回調査して始めて詳しく知りました。

毎年3日間開催される大きなイベントですので、ぜひ一度は行ってみたいです。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

七夕カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。