七夕の願い事ランキング!正しい短冊の書き方と短冊の色の意味とは

七夕の願い事ランキング!正しい短冊の書き方と短冊の色の意味とは

7月7日と言えば、七夕ですね。

短冊に願い事を書いて、笹の葉に飾った事は誰しもあると思います。

七夕近くになると、近所のスーパーやショッピングモールなどでも笹を飾っているところを良く見かけますね。

ところで、短冊にはどんな願い事が書かれているのでしょうか?

短冊に書かれている願い事をランキングでご紹介したいと思います。

七夕の願い事ランキングベスト3

七夕の短冊

 

  • 1位 健康に関する事
  • 2位 お金に関する事
  • 3位 仕事や学業に関する事

ベスト3は、以上のとおりとなりました。

では、順に詳しくみていきましょう。

第1位 健康に関する事

これはもう当然の結果ですね。

いくら仕事が上手くいこうが、お金があろうが、体が健康でない事には何事も始まりません

自分だけでなく、家族の健康を願う人はもちろん、病気療養中の方が完治をする事を願うなど、切実なものもありました。

他には「ダイエットが成功しますように」「背が高くなりたい」「足が長くなりたい」「毛根が死にませんように」など、スタイルを良くしたい願いが割と多いよみたいですね。

スポンサーリンク

第2位 お金に関する事

こちらは具体的な金額として天文学的な数字を記入する人や、「給料がアップしますように」「宝くじが当たりますように」など、それぞれの願望を書いているようです。

しかし、中にはまだ小さな子がつたない字で「10おくえん ほしい」なんて書かれていると、微笑ましいような切ないような拭き雑な気分になりますね

第3位 仕事や学業に関する事

これは進学や、就職、転職、さまざまな試験合格祈願など。

こういう願い事を見ると、叶うといいなぁと思ってしまいますよね。

ところで、中にはこんなものもあって笑わせてくれたりします。

「ヒマな部署に転属したい」「就職先がブラック企業でありませんように」「ヒモになりたい」

七夕の正しい短冊の書き方とは

七夕の短冊に願い事を書こうとしている様子

笹竹に短冊をつるして願い事をする際、正しい作法があるのをご存知ですか?

ただ願い事を書けばいいと思われがちな短冊ですが、実は正しい書き方があります。

上記のランキングにもあったような書き方は、実は間違っているのです。

「○○○○になりたい」のような希望的な書き方をするのではなく、誓いを宣言するのがポイントだそうです。

つまり

× 素敵なマイホームが欲しい
〇 素敵なマイホームに住む

このように宣言する形で書くのが、正しい短冊の書き方となります。

またなるべく否定的な表現はせず、肯定的な言い回しにするのがベストです。

× 浮気をしない彼がほしい
〇 誠実な彼を手に入れる

スポンサーリンク

七夕の短冊には色にも意味がある

七夕の歌にも「五色(ごしき)の短冊」という歌詞がありますよね。

短冊が5色あるのにも、ちゃんと意味があります。

この世のあらゆるものは「木、火、土、金、水」の5つから成り立つと言われる、中国の陰陽五行説にちなんでいて、色で言うと「木=青あるいは緑」「火=赤」「土=黄」「金=白」「水=黒あるいは紫」と割り当てられます。

「五色の短冊」の5つの色は、この中国の五行説から来ており、人が真面目に生きていく上での五徳「仁・義・礼・智・信」を色に当てはめているそうです。

というわけで、願い事の内容に合わせて短冊の色を選ぶ事が重要です。

五色の短冊

青・緑=「仁」 人を思いやるやさしさを表す
家族の健康や人間力を高める事を願う場合に使う

赤=「礼」 敬意ある行動を表す
人間関係への感謝を願う場合に使う

黄=「信」 忠実な事を表す
人間関係を大切にし、人に誠実でいられるような願いの場合に使う

白=「義」 正義を貫く心を表す
義務や決まり事など、正しい行いを願う場合に使う

黒・紫=「智」 正しい判断を下す能力を表す
日本では黒は縁起が悪いとされるので、紫に置き換えられる
学業や仕事の向上を願う場合に使う

まとめ

いかがでしたか?

今回は短冊の願い事ランキングでみなさんがどんな願い事を書くのかをご紹介しました。

しかし、短冊に願い事を書く時にはまず決まり事があり、まず願いにあった短冊の色を選ぶ事。

そして、願い事は誓いを宣言するように書く事。

正しい短冊の書き方をした方が、あなたの願いが叶うかもしれませんよ。

スポンサーリンク

七夕カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。