七夕の食べ物はそうめんって本当?由来の索餅のレシピも大公開

七夕の食べ物はそうめんって本当?由来の索餅のレシピも大公開

7月7日は七夕ですね。

七夕と言えば、織姫と彦星の年に一度の逢瀬の時。

笹の葉に願い事を書いた短冊や飾りつけをするのがお約束です。

ところで七夕にふさわしい食べ物、いわゆる行事食が何かご存知ですか?

3月3日の桃の節句のひな祭りには、ひなあられ。

5月5日の端午の節句の子供の日には、柏餅。

では、7月7日の七夕は一体何なのか、調べてみました。

七夕の食べ物はそうめん

そうめん、薬味、めんつゆ

何と、七夕の時に食べる行事食はそうめんなんだそうです。

これは意外、と思われた方も多いのではないでしょうか?

そうめんと言えば、夏の定番メニューの一つですよね。夏バテして食欲がない時でも食べやすく、涼しげな一品。

しかし何故、七夕にそうめんを食べるのでしょうか?

七夕にそうめんを食べる理由

茹でる前のそうめんの束

どうして、七夕にそうめんを食べるようになったのか、その歴史は何と平安時代まで遡ります。

実はそうめんの原型となったのは「索餅」(さくへい)と呼ばれるもので、中国から伝わったものでした。

「索餅」とは、小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子だそう。

醍醐天皇の時代、この「索餅」をお供えしたという事が宮中の儀式などを記した「延喜式」に残されています。

そしてこの「索餅」がいつの間にか、「索麺」(さくめん)とも呼ばれるようになり、やがて今のような「そうめん」に変化したと言われています。

ちなみに何故、これが七夕に食べられるようになったかと言うと「索餅」のふるさと中国の風習に関係があるのです。

実は、「索餅」にはこんな伝説があります。

7月7日に亡くなった帝の子が悪霊となり、疫病を流行らせました

それを鎮めるため、帝の子の好物だった「索餅」をお供えして祀るようになった事から、7月7日に「索餅」を食べると、無病息災で過ごせると言われるようになったそうです。

平安時代、中国から日本に「索餅」が伝わった当初は、日本でも中国と同じように無病息災を祈って「索餅」を食べていたことから「索餅」がやがて”そうめん”に変わり、今では七夕にはそうめんを食べるようになったというわけなんですね。

七夕はそうめんと聞いて、単純にそうめんを天野川に見立てているのかな、などと思ったりしましたが、ちゃんとした由来があったようですね。

スポンサーリンク

補足

ちなみに、この七夕にそうめんを食べる風習は、全国的に広まっているわけではなく、一部の地域だけという考えもあるようです。

主な習慣として七夕にそうめんを食べているのは、仙台など東北地方が多いよう。

何故、全国的ではないのか定かではありませんが、そうめんは夏の定番メニューですし、何も七夕に限定しなくても、そうめんはよく食べられていますからね。

特別感が薄れたのが理由の一つかもしれませんね。

スポンサーリンク

七夕にピタリお手軽「索餅」レシピ

先程、ご紹介した「索餅」ですが、実はこれ簡単に作れます。

材料

  • 米粉160g
  • 小麦粉(薄力粉)40g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 塩小さじ1
  • 水150ml
  • きなこ大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  1. 米粉・小麦粉・ベーキングパウダー・塩・水を入れながら混ぜる
  2. 生地がまとまったら20g前後の塊に分けて細長く丸めて半分に畳み捻じる
  3. 2の記事を多めの油を入れたフライパンで揚げ焼きする
  4. こんがり色がついたらお好みで砂糖やきなこをかけて完成!

ツイストドーナツのような見た目でしょうかね。

もちろんわざわざ手作りしなくても「索餅」は市販されています。

和名は「麦縄菓子」。

お手頃価格で手に入りますので、興味もある方はお手に取ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

七夕に食べるものが、まさかそうめんだったとはと驚いた方もいたのではないでしょうか。

由来がしっかりわかったところで、今年の七夕はぜひそうめんにしてみてはどうでしょう?

オクラやニンジンなど具材を星形に切って、そうめんを天野川を再現してみたら、七夕感満載のメニューが出来て、素敵ですね。

スポンサーリンク

七夕カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。