梅雨の体調不良はカビが原因?湿気と病気の意外な関係性とは

梅雨の体調不良はカビが原因?湿気と病気の意外な関係性とは

雨が続く梅雨の時期になると、なんとなく体調が優れないなんてことはありませんか?

その体調不良、もしかしたら梅雨の湿気で増えるカビが原因かもしれません。

知らずにいると悪化してしまう恐れもあるカビがもたらす怖い病気の種類と、予防の方法を調べてみました。

カビが引き起こす病気とは?

梅雨など雨が多く気温が高くなる時期に発生するカビは、あまり知られていませんがカビが病気の原因となることがあります。

カビによって引き起こされる病気は、以下の4つが存在します。

アレルギー疾患

湿疹が出来て首を掻く男の子

気管支ぜんそく」「アレルギー性鼻炎」「アトピー皮膚炎はカビが原因の一つであると言われています。

目に見えないほど粒子の細かいカビは、無数に空気中に漂っていて”呼吸”によって体内にカビが入り込むみ、これらの病気を引き起こすのです

特に梅雨の季節は汗をかきやすいため、アトピー性皮膚炎を悪化させて、また気温や気圧の変化によって喘息発作が起こりやすくなってしまうという悪条件も加わります。

真菌である「アスペルギウス」「クリプトコックス」というカビが肺に侵入してしまうと、肺にアレルギー性の炎症を起こし、この初期症状は咳や発熱ですが、放置してしまって悪化すると呼吸困難になってしまうことがあるので要注意です。

気管支ぜんそくと似た症状の「アレルギー性気管支肺アスペルギウス症」は、血液検査やレントゲン検査をしないと診断されないので、早めの受診を心がけてください。

スポンサーリンク

感染症

カビが皮膚に付着すると感染症を引き起こすこともあり、皮膚の浅い部分に感染すると、水虫やタムシ、皮膚カンジダなどの原因に

また、皮膚の深い部分に感染したものは深在性皮膚真菌症と呼ばれます。

特に免疫が低下した人に多く見られるのは皮膚クリプトコッカス、潰瘍や肉芽腫を引き起こすスポロトリコーシスなど非常に怖い感染症もあるので、たかがカビと侮ってはいけません。

カビの中毒症状

食中毒などととは違い、カビの中毒症状は食事の直後に吐いたりお腹を下したりする症状が現れることはあまりありません

しかし時間が経過してから慢性疾患を引き起こし、ガンや肝機能・腎機能に障害を与えるものも

これらはカビが作り出すマイコトキシンという毒素が原因と言われ、天然のもので最強最悪の発がん性を持つものです。

夏型過敏性肺炎

トリコスポロンというカビを吸い込んでしまうことで引き起こされる病気です。

呼吸によって吸い込んだカビが肺の中でアレルギー炎症を起こし、発熱・咳・痰・倦怠感などが現れます。

夏型過敏性肺炎は6月~9月に発症しやすいと言われていますが、夏風邪と間違われることが多く、医療機関を受診せずに放置してしまうケースが多いようです

放っておいて重症化してしまうと、呼吸困難を引き起こして入院治療が必要になる場合もあります

また、入院せずに自然治癒しても毎年この病気を繰り返してしまい、間質性肺炎や肺繊維症の原因となってしまうこともあるので、夏風邪がなかなか治らないと感じたら必ず医療機関を受診してください。

スポンサーリンク

病気の原因であるカビを予防するには?

掃除をしていないエアコンからカビやホコリが噴き出して除菌スプレーをかけている様子

まずはカビの生えやすい条件を確認しておきましょう。

・気温が20度~30度
・湿度が高い(60%以上)
・カビの栄養が豊富(ハウスダストなど)

こちらを見てみると、やはり梅雨のシーズンはカビが生えやすい条件が揃っていますね

それでは、どのようにカビ対策をするのが効果的なのでしょうか。

カビ対策に効果的な対策と言えば「換気」と「こまめな掃除」です。

湿気の溜まりやすいバスルームやキッチンなどは、常時換気扇を回しておくと良いかもしれません。

24時間換気だけではなく、雨の晴れ間の日には窓を開けて風を部屋の中に通すと除湿効果はぐんと上がります

カビの栄養源はホコリや汚れです

ホコリをためないようにこまめに掃除機をかけた後に、消毒用のアルコールスプレーで拭き掃除をするとカビ予防に効果が期待できます。

水拭きや乾拭きでは完全にカビを除去できません

揮発性の高い消毒用のアルコールスプレーなら、汚れを取り除くのと同時に水分も蒸発してくれるので、湿気対策にもなります。

カビ取り専用スプレーは根が深いカビを除去するのには効果的ですが、他の菌まで殺してしまうのでカビを取り除いた後にさらにカビが繁殖しやすくなってしまいます

カビ取りスプレーは根深いカビ以外には、あまり多用しない方がよいかもしれませんね。

まとめ

目に見えるカビは掃除などで取り除くことができますが、空気中に浮遊するカビは目で確認することはできません。

カビ対策に有効なのは換気や除湿、掃除も有効なので、日ごろからこまめな掃除を心がけて家族の健康を守りましょう。

風邪のような症状が続くようなら、早めに病院へ行ってくださいね。

スポンサーリンク

カビ対策カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。