40代の水着の選び方!体系をカバーしつつ若く見せる方法とは

40代の水着の選び方!体系をカバーしつつ若く見せる方法とは

まもなくやってくる夏。

「海やプールには行きたいけど、もう若くないし水着なんて着られない」

そんな風に思いがちなアラフォー世代。

20代や30代とは違って、お腹周りや二の腕に脂肪が気になる方も多いようです。

しかし、水着の選び方一つで大人の魅力を演出する事もまだまだできます。

今回は、40代女性におすすめしたい「美しく見せてくれる水着」を紹介したいと思います。

40代で体系をカバーする水着の選び方

ウエストを掴んでいる女性

40代の水着の選びかたとして大切なポイントは、「体系をカバーしてくれるデザインをセレクトする事」です。

ぽっこりお腹や、大きなお尻、太ももなど、隠したい部分は人それぞれですよね。

ポイントを押さえて、綺麗なボディラインを目指しましょう。

お腹周りが気になるなら

体系カバーの救世主と言えば、数年前から流行りのタンクトップとビキニを組み合わせた洋服感覚で着こなせるタンキニですよね。

長いトップスは胸元の開きはもちろん、お腹周りもしっかりカバーしてくれます。

また、上下のセットが嬉しいつなぎ風のサロペットロンパースもおすすめ。

ゆったりとしたシルエットはボディラインがくっきり出過ぎないため、40代女性に人気のデザインです。

スポンサーリンク

お尻や太ももを隠したいなら

気になる下半身をカバーするなら、アンダーにパレオやサンドレス、サーフパンツがおすすめです。

長めのパレオやサンドレスを着れば、水着に抵抗ある方でも品良く着こなせます。

セパレートの水着の場合、トップスに明るく、ボトムスに黒や紺など引き締める色を持ってくると、下半身に着痩せ効果があるので一石二鳥ですね。

二の腕が気になるなら

ぷよぷよの二の腕を何とかして隠したい。

そんな方には、今、流行りのオフショルダータイプの水着をおすすめ。

フリルが気になる腕をしっかりカバーしてくれるだけでなく、おまけに小顔効果まで得られるそうです。

体型カバーお助けアイテム

基本的に、水着とセットになっているカバーアップやパレオが最強アイテムです。

体型カバーしつつ、トータルなコーディネートも完成されるわけですから、カバーアップアイテムとしては、水着の上から着る事のできるワンピース、ガウンスタイルや羽織りものなど、種類は豊富です。

透け感のある素材なら、さらりと羽織るだけでセクシーな大人っぽさを演出してくれるでしょう。

40代におすすめのカラーやデザインは?

赤い柄の水着とビーチサンダルと貝殻

体系をカバーできる水着の形は分かっても、選ぶ色によってはマイナスなイメージを持たれてしまう事もあります。

では40代の水着はどのような色を選べばいいのでしょうか?

カラーは明るめをチョイス

「もう40代だから、落ち着いたシックな色じゃないと」

そう決めつけていませんか?

確かに膨張して見えるパステルカラーはNGではありますが、年齢を重ねるごとに、残念ながら肌はくすんで見えるもの。

水着までくすんだカラーにしてしまうと、かえって老けて見えてしまいます

なので、40代を過ぎたら、明るめのカラーの方が顔周りの印象が華やかに見えますし、若く見せる効果もあるので、40代だからといって落ち着いた色は避けた方が無難ですね。

シルエットはふんわり

40代におすすめなデザインは、タイト過ぎない、ふんわりしたシルエットのもの。

ボディにピッタリした水着は、体のラインを際立たせます。

また、洋服に近いゆったりしたシルエットの水着だと、体系カバーも出来て、スリムアップも期待できるので、こちらも一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

柄は控えめ

大きな花柄や太いボーダーなど、大きな柄は膨張して見えることがあります。

大人の色気をプラスするには、「控えめの柄、細いライン」をセレクトする事がおすすめです。

控えめな柄を選ぶ事によって、若作りに見えない大人の女性を演出できます。

UV対策も忘れずに

若い頃と違って、40代には恐ろしい紫外線。

ウォータープルーフの日焼け止めが必須なのはもちろんですが、ラッシュガード、帽子、サングラスなど、UV対策のアイテムは忘れずに。

しみ、そばかすなど、肌のエイジングケアをくれぐれも怠らないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

若い頃とは違って、いろいろ悩みも出てくる40代。

しかし、40代の女性だからこそ着こなせる水着もきっとあるはずです。

エレガントで大人な女性の魅力が溢れるような、そんな水着を探してみてください。

そして自分に似合う水着を着て、思いっきりビーチリゾートやプールを満喫しましょう。

スポンサーリンク

水着カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。