敏感肌だとシミやシワになりやすい!?オススメの日焼け止めの選び方

敏感肌だとシミやシワになりやすい!?オススメの日焼け止めの選び方

日差しが強くなり、紫外線が気になるこの季節。

敏感肌の方はできるだけ肌への負担をかけないように、日焼け止めを塗らない人も多いんだそうです。

しかし敏感肌だからと言って日焼け止めを塗らずに紫外線を浴びていると、シミやしわなど、肌を老化させてしまうことに・・・。

そこで、今回は敏感肌の方におすすめの日焼け止めの選び方をご紹介します。

敏感肌だからこそ日焼け止めは必須

左腕にクリームを塗る女性

敏感肌の方は普通の肌の人に比べて肌のバリア機能が低下しているため紫外線の影響を受けやすく、日焼けをし易かったり後々シミやシワの原因になることがあります。

バリア機能とは、肌内部の水分を蓄え、乾燥や紫外線など外的刺激から守る働きのこと。

そのため、敏感肌の方は日焼け止めを塗らないでいると、紫外線が肌内部に簡単に侵入してしまい、シミやシワの原因になるメラニンを生成するメラノサイトを刺激したり、肌の弾力繊維であるコラーゲンにダメージを与えてしまいます

この部分を追加しました⇒「だから敏感肌の方は特に日焼け止めを塗って紫外線から肌を守らないと、」シミやしわ、たるみなどの原因となるため、敏感肌の方にこそ、日焼け止めは必須なのです。

「敏感肌だから、肌に負担のあるものは使いたくない」

「日焼け止めで肌荒れしたくない」

そんな敏感肌の方は特に、肌への刺激や、負担が少ないことはもちろん、ご自身にあった日焼け止めを探してみることから始めましょう。

敏感肌に安心な日焼け止めとは

日焼け止めには主に「紫外線吸収剤」を使ったタイプと、「紫外線散乱剤」使ったタイプの2種類があります。

紫外線吸収剤は受けた紫外線を吸収してから放出し、肌を守るのですが、その分、肌の上で化学反応が起こるため、肌への負担も多く、肌が赤くなったり痒くなったりとアレルギー反応が起きてしまうことも。

反対に、紫外線散乱剤は受けた紫外線を散乱、反射させることで紫外線による肌へのダメージを防ぎます。

化学変化が起こさないので「ノンケミカル」とも言われ、肌の刺激が少ないのが特徴。

肌への負担が少ないので、敏感肌の方にはこちらがおすすめです。

商品パッケージに「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」という表示があれば、それは紫外線散乱剤を使用したものとなるので、ぜひ確認しましょう。

敏感肌の方のための日焼け止めの選び方

ロゴ加工済みの日焼け止め

「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」の日焼け止めの中でも特に、敏感肌の方が安心して使える日焼け止めはどんなものなのか、選ぶ際のポイントをご紹介します。

無添加で低刺激タイプを選ぶ

敏感肌の方は肌のバリア機能が弱く、少しの刺激にも反応してしまう状態です。

ノンケミカル以外にも、肌の刺激になりやすい成分(エタノール、シリコン、パラベン)は極力カットした低刺激のものを選びましょう。

具体的には「無香料」「無着色」「無鉱物油」「防腐剤フリー」「アルコールフリー」など、低刺激とはっきり表記されているものがおすすめ。

日常生活ならSPF30・PA+++でOK

SPFやPAと言った表記を見たことはあると思いますが、これはUVカットの効果の強さを表しています。

紫外線にはUVAとUVBの2つの波長が異なるものがあり、SPFはUBAを、PAはUVAをを防ぐ効果があるのです。

ちなみに、最大でSPF50、PA++++(フォープラス)。

SPFの後ろの数字は日焼け止めを塗っていない状態と比べて、日焼けするまでの時間が何倍に伸びたかを表しています。

SPF50なら、素肌の時より日焼けするまで50倍の時間がかかるという目安。

またPAは後ろに+がつきますが、この+の数が多いほどUVAを防ぐ効果の高いのです。

ただし、効果の高いものほど肌への負担も大きくなりますので、日常生活であれば、SPF30、PA+++で充分

でしょう。

スポンサーリンク

お湯や石鹸で落とせるものを選ぶ

特に効果の高い日焼け止めは、落とす時に専用クレンジングが必要な場合もあります。

落ちにくい、崩れにくいタイプの日焼け止めは、きちんと落とさないと毛穴に詰まって肌トラブルの原因にもなりかねません。

しかしクレンジング剤は肌への負担が大きいため、なるべく避けたいところ。

そこで、単純に「落としやすい」「クレンジング不要」と表記されたものを選ぶことをおすすめします。

普段使っている石鹸や洗顔料で落とせるものなら、肌に負担をかけずに済み、中にはお湯だけで簡単に洗い流せるものタイプもあり、手間を省きたい方にもぴったり。

「ノンナノ」「ナノ粒子不使用」を選ぶ

散乱剤を使った日焼け止めは、白浮きや軋みが出やすいという問題があります。

この問題を解消するために、ナノ粒子を配合している場合が・・・。

ナノ粒子は散乱剤も白浮きや軋みを防ぐ一方で、シリカ、アルミナなどの不活性物質コーティングするので、当然、ケミカル要素が加わってしまいます。

実際に肌への影響は明確にはなっていませんが、より肌へ優しいものを選ぶためには「ノンナノ」「ナノ粒子不使用」と表記されているものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

敏感肌の方はジェルタイプの日焼け止めは避けて

近年流行りのジェルタイプの日焼け止め。

塗り心地はとても良いのですが、感触を良くするために多量のエタノールが配合されていることが多いです。

エタノールは肌の水分を奪ってしまう可能性があるので、敏感肌の方はジェルタイプの日焼け止めは避けて、ミルクタイプか、クリームタイプのものを選びましょう。

特にヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が配合されたものがおすすめです。

まとめ

敏感肌でも安心して使える日焼け止めの選び方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ぜひ、あなたも自分の肌質にあったお気に入りの日焼け止めを探してみてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。