おすすめの日焼け止めのタイプは?選び方を間違えるとシミの原因に!?

おすすめの日焼け止めのタイプは?選び方を間違えるとシミの原因に!?

日差しが強くなってくると、気になるのは紫外線ですよね。

しかし、紫外線は夏だけではありません。

美肌と健康のために、今や日焼け止めは年中使用すべき必須アイテム。

ただ売り場には種類がたくさんあり過ぎて、どれを買おうか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は日焼け止めを買う時にどんなことに気をつければいいのか、ご紹介します。

日焼け止めが年中必要な理由とは

手鏡を持って目元を気にする女性

「紫外線がお肌の大敵」ということは、ご存知の方も多いはず。

ただ紫外線は目に見えるものではなく、また影響がすぐに肌に出てこないことから、きちんとしたスキンケアができている方が少ない

そうです。

そして紫外線が及ぼす悪影響は、日焼けだけではありません

紫外線はあらゆる肌トラブルの原因になってしまうので日頃から意識的に紫外線対策を行う必要があります。

紫外線は肌の乾燥をまねく

紫外線を20~30分浴びただけでも、肌の水分量が減少するというデータがあります。

30分程度というと通勤や散歩、洗濯物を干したりジョギングなど、朝のちょっとした時間と同じくらいですね。

もしこの時、日焼け止めをつけていないと、その間にも肌はダメージを受け続けるということに。

肌の水分量が低下すると肌の角層の細胞が成熟しにくい環境になり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥を引き起こします。

乾燥した状態を放置すると、「角層内には乾燥した細胞が増え、キメも乱れて、その肌荒れが原因となって結果的に紫外線による黒化、炎症が起きやすくなる」という負のスパイラルに陥ってしまいますので気をつけましょう。

スポンサーリンク

紫外線はしみやそばかすの原因に

紫外線を浴び日焼けをすると、肌内部でメラニンが生成されます。

そのメラニンが肌のターンオーバーの乱れによって上手く排出できなくなると、メラニンを根付かせ、しみやそばかすの原因になってしまうことに。

極端な話をすると「皮膚がん」を誘発することにもなりかねません。

これらを防ぐためにも、UVケアをすることが重要なのです

日焼け止めは紫外線をブロックし、皮膚のダメージや老化を予防するアイテム。

「雨や曇りの日、室内にいる時なら紫外線対策をしなくても大丈夫」と思っている方がいたら要注意!

紫外線の中には雨雲や窓ガラスを通り抜けるものもあるので、毎日、日焼け止めを塗ることを心がけましょう。

日焼け止め選びのポイント

SPFと書かれた背中

では、日焼け止めを選ぶ際にどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

以下のポイントを押さえておくと、夏の日差しに負けない安心の日焼け止めをゲットできると思います。

目的にあったSPF/PAを選ぶ

日焼け止めはUVカットの効果の高さを「SPF」「PA」でという数値で表します。

これらの数値が高ければ高いほど日焼けを防ぐことができますが、その分肌への負担も大きくなるので、闇雲に数値の高いものを選ぶのはおすすめできません。

つまり、使うシーンに合わせるのが大事。

  • 通勤・買い物など日常生活・・・SPF30/PA+++
  • レジャー・スポーツなど炎天下に長時間・・・SPF50/PA++++

日常生活であれば数値の低いものを、強い紫外線を浴びる時は数値の高いものをというように、日焼け止めを使い分けるのが最も良い使い方です。

また真夏に炎天下でのレジャーやスポーツ、海やプールの場合は、汗や水に濡れても落ちにくいウォータープルーフのものを選ぶようにしましょう。

好みの日焼け止めのタイプを選ぶ

日焼け止めには様々なタイプやテクスチャーがあります。

それぞれのタイプごとに特徴が異なってくるので、自分の好みにあったものを選んでみてください。

ローションタイプ

さらさらと化粧水のように伸びが良く、塗りやすいのが特徴。

ただし汗などで流れやすいので、海水浴や汗をかくシーンでの使用の際はウォータープルーフ使用のものを選びましょう。

ミルクタイプ

乳液のように伸びが良く、肌なじみが良いのが特徴。

ノンケミカルものもが充実しており、肌に優しい処方なので肌に負担をかけたくない敏感肌の方におすすめ

クリームタイプ

しっとりしたタイプでウォータープルーフが豊富にあり、保湿力、耐水性が高く、落ちにくいのが特徴。

日焼け止めを塗ると肌が乾燥しがちという方にはおすすめ。

ただし伸びが悪かったり、商品によっては塗った後にベタつきを感じる事もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

ジェルタイプ

水のように軽いつけ心地で、肌なじみも良く白浮きしにくいのが特徴。

クリームタイプのようなベタつきが気になる方にはおすすめです。

スプレータイプ

さっとひと吹きするだけで、簡単に日焼け止めが塗れてしまうのがこのタイプ。

急なお出かけにも対応でき、また商品によっては肌だけでなく、髪の毛にも使えるのが嬉しいところ。

しかし、簡単にスプレーできる一方で、スプレー残しやムラになりやすいので注意しましょう。

パウダータイプ

さらっとした使い心地で、ファンデーションとしても利用できる便利なタイプ。

メイクの上からでも塗り直せるので、肌を綺麗に見せてくれます。

またクリームタイプなど他の日焼け止めとも併用ができ、肌に優しいタイプが多いのが特徴。

飲むタイプ

近年、美意識の高い女性の間で話題となっているのが飲むタイプの日焼け止め。

こちらは肌に直接、塗るタイプではないので、塗り残しや塗り直しなどの心配がありません。

日焼け止めを塗るのが面倒な方や、敏感肌の人にもおすすめ。

しかし飲む日焼け止めは商品によって成分や効能が異なりますので、安全性をしっかり確かめてから、購入するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

様々なタイプの日焼け止めをご紹介しましたが、紫外線を浴びるシーンに合わせて、日焼け止めを使い分けてみるのが良さそうですね。

スポンサーリンク

日焼けカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。