日焼け止めは塗り方や順番を間違うと効果が無くなるって本当!?

日焼け止めは塗り方や順番を間違うと効果が無くなるって本当!?

紫外線はお肌にとって大敵。

紫外線対策として、欠かせないアイテムが日焼け止めですね。

ところで、きちんと日焼け止めを塗ったはずなのに日焼けしてしまった、なんて思ったことはありませんか?

それはもしかしたら、正しく日焼け止めを塗れていないからかも・・・。

実は紫外線をカットするには、日焼け止めの塗り方や順番にポイントがあるのです。

日焼け止めの正しい塗り方や順番をマスターして、紫外線から肌を守りましょう。

日焼け止めを塗るタイミング

テーブルに置かれたサングラスや帽子

しっかり日焼け止めの効果を発揮させるためには、どのタイミングで日焼け止めの塗るのが良いかご存知ですか?

日焼け止めは塗ってしばらくは肌になじまないため、外出直前に塗ったのでは効果を発揮できません。

つまり、日焼け止めをきちんと肌になじませる必要があるので「外出の30分前」には塗ることをおすすめします。

次にスキンケア、メイクをする場合ですが、日焼け止めを塗るタイミングは「化粧水・乳液の後、化粧下地の前」が基本。

ただし、パウダータイプの日焼け止めなどはその上から化粧下地を塗るとよれてしまうので、化粧下地の上に塗ります。

また化粧下地を兼ねた日焼け止めもありますので、その場合は化粧下地を省いてください。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めを正しく塗るには、「塗る量」と「塗り方」が大事。

しっかりとキレイに塗るためのポイントを押さえましょう。

適量を塗る

日焼け止めを塗る時、ベタベタになるのがイヤで少量しか塗らないという方、結構いると思います。

しかし日焼け止めには適量があり、その量をしっかり守らなければ、表示されているSPF値やPA値の効果が現れません。

「日焼け止めの適量は1㎝当たり2㎎」

日本人の平均的な女性の顔の大きさで考えた場合、500円玉大が目安になります。

この量を一度に顔に塗るとベタベタして大変なことになるので、二度に分けて塗るのがベスト。

まずはベースで半分くらいの量で塗り、しっかりと肌に密着させてから日焼けしやすい部分を集中的に重ね付けしていきましょう。

ムラなく塗る

せっかく適量を塗っても、塗り方にムラがあると効果もきちんと発揮されません。

ムラなく塗るためには、一度にたくさんの日焼け止めを出して広範囲に塗ろうとするのではなく、少ない量を何回も出して少ない範囲に分けて塗るのがポイント

特に、顔など凹凸の多い場所はおでこや鼻、頬や顎など突出している部分に日焼け止めを置くように塗り、そこから周囲に伸ばすように塗ると良いでしょう。

また同じ個所に重ね塗りをすることで日焼け止めの塗りムラを防ぎ、クリームを均等にすることができます。

スポンサーリンク

擦りこまない

日焼け止めは肌の中に浸透させて効果を発揮させるものではなく、肌の表面に密着して紫外線を防ぐものです。

そのため、肌に擦りこむように塗ってしまうと、日焼け止めが伸び過ぎて薄くなり効果は半減。

また肌に擦りこむことで、肌への不必要な刺激を与えかねませんので注意しましょう。

こまめに塗り直す

一般的に、日焼け止めは2~3時間で汗や皮脂で流れ落ちると言われています。

日焼け止めの効果を持続させるためには、2~3時間程度に塗り直すのがベスト。

顔の場合は、日焼け止めの上からファンデーションやメイクをしてしまっているので、なかなか外出先で塗り直す事ができないかもしれません。

そんな時は、UV効果のあるパウダーファンデーションでメイク直しをしましょう。

身体への日焼け止めの塗り方

日焼け止めを指で伸ばしている様子

顔は一生懸命お手入れするのですが、それ以外の場所を忘れていませんか?

顔だけでなく、身体も紫外線からしっかりガードするためには、塗り忘れがないようにすることがポイントです。

襟の形に焼けないようにデコルテも忘れずに

水着を着た時に、「Vネック焼け」「Uネック焼け」なんてしていたら恥ずかしいですよね。

そんな事態を防ぐためにも顔やフェイスライン、首だけでなく、デコルテも日焼け止めを塗りましょう

デコルテの紫外線対策を疎かにしていると、うっかり襟の形に日焼けしてしまうなんてことも・・・

襟の下までしっかりと手を入れて、塗りムラがないようにしっかりと日焼け止めを塗ってください。

太陽が降り注ぐのは後ろから!耳の後ろと首の後ろ

日焼け止めを塗る際、顔も身体もついつい前面ばかり気を取られがちですが、後ろ側にも気を配らないと後々後悔するなんてことにもなりかねません。

特に「耳の横・後ろ」「首の後ろ」は塗り忘れがちな部分で、自分は「髪を下ろしているし、耳も首も髪に隠れているから大丈夫」なんて思ってる人は要注意!

髪に隠れているくらいでは、紫外線は防げないことを覚えておきましょう

スポンサーリンク

サンダル焼けをしないために足の甲もしっかりケア

足に日焼け止めを塗る時、すねやふくらはぎは忘れずに塗ると思いますが、

足首から先も塗っていますか?

「足の甲」や「足の指」を塗り忘れて素足でサンダルを履いていると、サンダル焼けをしてしまいます。

そのため、サンダルを履く時は、足の指先までしっかり日焼け止めを塗りましょう

唇もケアしないと日焼けする

唇は皮膚が薄くデリケートな部分なので、唇もケアしないと日焼けをしてしまい「唇が乾燥する」「唇のしわが増える」などのトラブルが起きやすくなります

そんな事態を防ぐためにも唇も適切にケアしなければいけないのですが、顔や身体に塗る日焼け止めを唇に塗ってしまうと皮脂が分泌されない”などのトラブルを引き起こしてしまうので、唇には唇専用のUVカットリップクリームを塗りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

日焼け止めは塗り方や順番を守らないと、効果を十分に発揮させることが出来ません。

その他にも「耳の後ろや首の後ろ」「足の甲や指、唇」といった細かな部分も忘れずに日焼け止めを塗ることが重要です。

日焼け止めを正しく使って夏の美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

日焼けカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。