七夕の行事食ってなに?そうめんに込められた願いと意外な由来とは

七夕の行事食ってなに?そうめんに込められた願いと意外な由来とは

七夕といえば笹の葉にお願い事を書いた短冊を吊るす習慣がありますよね。

小さな頃から毎年織姫と彦星に何をお願いしようかな?とワクワクしていました。

そんな誰もが知っている七夕ですが、七夕の行事食といったらどのような食事をイメージしますか?

行事食については知らない人が多いと思うので、今回は七夕の行事食について調べてみました。

七夕に食べる行事食とは?

七夕の短冊

七夕の行事食といってもあまりピンっと来ませんよね。

小学生の頃の給食には七夕というと七夕ゼリーが付いていたイメージだけなのですが、そんな七夕の行事食は実は”そうめん”なんです。

そうめんと言うと夏になると週に1度は出てくるほどの定番メニューですよね。

そんなそうめんが七夕の行事食だったとは驚きです。

スポンサーリンク

七夕の行事食の由来

そうめん、薬味、めんつゆ

七夕の行事食はそうめんとお話しましたが、一体なぜそうめんなのでしょうか?

七夕の行事食の由来はもともとは中国から伝わってきたようです。

中国の風習とは7月7日に亡くなった子供が一本足の鬼となって、病気を流行らせたのでその亡くなった子供が好きだった索餅をお供えすることで病気が治った。

このような言い伝えから7月7日に索餅を食べることで病気から身を守るといわれるようになったそうです。

でも日本であまり索餅という食べ物は耳にしませんよね。

中国でいう索餅は極太のそうめんのような食べ物で茹でてちぎって食べていたようで、それが日本に伝わってきて索餅がそうめんに変わったようです。

また七夕の行事食であるそうめんには別の由来もあります。

  • そうめんは天の川に似ている
  • そうめんは織姫の織り糸に似ている

このような理由から七夕の行事食がそうめんになったという説もあるのですが、こちらの説は定かではないようです

七夕の行事食に込められた願いとは?

七夕の日にそうめんを食べることにはこのような3つの願いが込められています。

  • 家族がこれから1年間健康で過ごせますように。
  • 七夕は織姫と彦星が1年に1度会える日なので、このことから恋愛が成就しますように。
  • お裁縫が上達しますように。

七夕の行事食には3つの願いが込められていますが、1番は中国から伝わった無病息災という願いのようです。

スポンサーリンク

七夕の行事食の他に全国で食べられているメニューは?

はてなマークと不思議そうな子供

七夕の行事食はそうめんとお話しましたが、実は七夕の日にそうめんを食べるのは全国的には珍しいそうです。

それでは全国では七夕の日にどんなメニューを食べることが多いのでしょうか?

ランキング形式でご紹介します。

▪︎1位→団子(97か所)
▪︎2位→赤飯(70か所)
▪︎3位→まんじゅう(34か所)
▪︎4位→もち(28か所)
▪︎5位→うどん(14か所)
▪︎6位→ぼたもち(10か所)
▪︎7位→そうめん(7か所)
▪︎8位→小豆飯(4か所)

なんと!まさかの七夕の行事食であるそうめんが全国で7か所でしか食べられていないという結果に。

さらに意外な結果になったのが七夕の日には団子が1番食べられているんですね。

これは特に奈良県でしんこやしんこ団子が今でも伝わっており、団子を食べる習慣が残っていることから、七夕に団子を食べる人が多いようです。

まとめ

七夕の行事食は意外にも夏になると親しまれているそうめんでした。

ひな祭りにはちらし寿司やひなあられは誰もが知っているかと思いますが、七夕の行事食がそうめんであることは今回始めて知りました。

これからは家族の無病息災を願って、毎年七夕の日のメニューはそうめんを食べてみるのもいいかもしれませんね。

カップルの方もご家族の方もステキな七夕をお過ごしください。

スポンサーリンク

七夕カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。