日焼け止めスプレーの正しい使い方と顔用以外を顔に塗るリスクとは

日焼け止めスプレーの正しい使い方と顔用以外を顔に塗るリスクとは

紫外線対策に欠かせないアイテムと言えば、日焼け止めですよね。

日焼け止めにもいろいろ種類がありますが、昨今、人気の日焼け止めスプレー。

メイクの上からや髪にも使えて便利ですし、スプレーならではのお手軽感が多くの支持を得ているようです。

しかし、使い方を間違うと効果は激減、肌トラブルの原因になってしまうかも・・・。

そこで今回は日焼け止めスプレーの正しい使い方をご紹介します。

日焼け止めスプレーは顔に直接かけて大丈夫?

頬を触る女性

日焼け止めスプレーを購入される方の多くは、顔に直接吹きかけることを前提にしているのではないでしょうか。

しかし日焼け止めスプレーを顔に直接かけると、肌トラブルを起こすことも・・・。

スプレータイプの日焼け止めには、

  • 顔用
  • からだ用
  • 顔、からだ用

の3つの種類があり、この中で直接、顔にかけて大丈夫なのは「顔用」だけです。

「顔・からだ用」「からだ用」は、直接、顔にかけてはいけません。

あまりオススメはしませんが、どうしても「顔・からだ用」「からだ用」の日焼け止めを顔に使用したい場合は、一度手のひらに出してから少量ずつなじませてください。

日焼け止めスプレーを顔のかけてはいけない理由

医師が手でバツをする様子と赤いSTOPの文字

では、なぜ「顔・からだ用」「からだ用」の日焼け止めを顔に直接、かけてはいけないのでしょうか?

「からだ用」と表記された日焼け止めスプレーはLPガスという高圧ガスを使っているものが主流であり、噴霧力が強力過ぎることに起因するのですが、それ以外にも顔に使ってはいけない理由があるのでいくつかご紹介します。

日焼け止めが目や鼻に入る可能性がある

日焼け止めスプレーにはアルコールを使っているものが多く、それを吸い込まないように注意書きしている商品もあります。

スプレーを顔に直接かけてしまうと、鼻はもちろん、どんなに固く目を閉じていても目の粘膜に入ってしまう恐れがあるので、顔用以外のものは絶対に直接顔に吹きかけてはいけません。

日焼け止めの成分が目や鼻の粘膜に触れると、その刺激から痛みなどを引き起こす原因にもなりかねないので、注意事項はしっかり守ってください。

凍傷の危険がある

スプレータイプの日焼け止めには、「同じ個所に続けて3秒以上噴射しないでください。凍傷などの恐れがあります。」

使用上の注意にこのように書かれていることが多いですよね。

確かに日焼け止めのスプレーを吹きかけるとひんやり冷たくなりますが、凍傷なんて大げさだと思っていませんか?

先にも記したようにLPガスの噴射力は強力なので、至近距離で同じ個所にスプレーし続けると肌トラブルを起こす可能性は充分にあり、最悪、凍傷に至る危険があることを覚えておきましょう。

塗りムラができやすい

顔の場合は、身体と違って目や鼻など凹凸があります。

そのためいろいろな角度からスプレーをしないとムラになりやすく、十分な効果を発揮できません。

逆にいろいろな角度から充分にスプレーするということは、先に記した「目や鼻に入る恐れ」や「凍傷の危険」の可能性が断然高くなってしまうことにもなるので、

こういった危険を防ぐためにも、「顔・からだ用」「からだ用」の日焼け止めスプレーには直接、顔に噴射しないでくださいと注意書きされたものが多いのです。

スポンサーリンク

日焼け止めスプレーの正しい使い方

サングラスと日焼け止め

さて、日焼け止めスプレーな便利な点と言えば、やはりメイクの上からも簡単に塗り直しができる事ですよね。

しかし、スプレータイプのものはクリームやジェルなどの肌に直接塗るタイプに比べて、どうしても塗りムラが出やすくなるので、塗りムラを残さないためにはスプレーした後にしっかりと手で伸ばすのが理想的です。

日焼け止めスプレーを顔に使う場合

まず商品を選ぶ時に「顔に直接吹きかけて大丈夫なもの」を選ぶ事。

日焼け止めスプレーには「顔用」「メイクの上から吹きかける専用」あるので、確実にそれをセレクトしましょう。

特にガスを使用していないミストタイプのものがおすすめです。

ミスとタイプの日焼け止めなら、

  • 顔から15㎝ほど離して噴射する
  • 目と口はしっかり閉じ、息は止める
  • 鼻を中心に円を描くよう数回かける
  • 額から顎にかけて、左右ジグザグにかける
  • 最後に手のひらで軽く押さえる

このタイプであれば、噴射力も穏やかで目や鼻に入る可能性も少ないし、凍傷の恐れもありません。

スポンサーリンク

日焼け止めスプレーを髪に使う場合

顔に使う時と同様に、日焼け止めスプレーを髪に使う時もいくつか注意点があります。

パッケージにも書かれているとは思いますが、ドライヤーやヘアアイロンを使用中にスプレーすると、引火や火傷の原因になる可能性がありますのでくれぐれも注意しましょう。

  1. まずブラシで髪をとかす
  2. 髪から15㎝ほど離して、動かしながら髪全体に吹きかける
  3. 最後にもう一度、ブラシで髪をとく

ちなみに日焼け止めスプレーを髪に使った場合、シャンプーを念入りにしないと髪の毛や頭皮にもダメージを与えてしまいますので注意しましょう。

まとめ

日焼け止めスプレーを直接、顔にかけたい時は、きちんと「顔用」の商品を選ぶことが大切です。

また、スプレータイプの日焼け止めは正しい使い方をしないと肌トラブルの原因になるので気をつけましょう。

少し面倒でもパッケージの注意事項に目を通すのがポイント!

正しく使えば、日焼け止めスプレーはとても便利なアイテムですよ。

スポンサーリンク

日焼けカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。