アロマで虫よけ対策!虫よけスプレーの作り方とおすすめのブレンド

アロマで虫よけ対策!虫よけスプレーの作り方とおすすめのブレンド

夏の悩みの種と言えば、虫刺され。

感染症など蚊を媒体とした病気は怖いですし、虫刺されの跡がなかなか治らず、シミになるなどの肌トラブルにもなってしまうことも・・・。

このようなトラブルを避けるためにも、できる限り虫を寄せ付けたくないですよね。

しかし、市販の虫よけスプレーは強めの化学薬品が使用されていることから使うのを躊躇したり、独特の香りが苦手という方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが、アロマオイルによる虫よけです。

アロマオイルが虫よけに効果がある理由

アロマオイルの瓶

植物は動物と違って、天敵に襲われても逃げることができません。

そのため、植物は害虫などから自ら身を守るために動物が嫌がる成分を生成していると考えられています。

この忌避効果を利用したのが、アロマオイルによる虫よけです。

虫が嫌いな香りのアロマオイルとは

アロマオイルと聞くと、リフレッシュやリラックスしたい時に使うものというイメージが強いと思います。

お湯に垂らして香りを楽しんだり、直接肌に塗ってマッサージしたりとその使い方はさまざまですが、そんなアロマオイルに虫が嫌いな香りがあることをご存知でしょうか?

アロマオイルの香りの種類は、以下のように分類されます。

  • 柑橘系
  • フローラル系
  • ハーブ系
  • エキゾチック系
  • 樹木系
  • 樹脂系
  • スパイス系

この中で虫が嫌いなアロマオイルは、ハーブ系や柑橘系などのスッキリした香りのものなのです。

代表的なものは、以下の5つ。

スポンサーリンク

レモングラス

レモンの香りのするハーブと言えばこれ。

ハーブティやトムヤムクンなどの料理にも使われてお馴染みのレモングラスですが、実は蚊やノミなどの虫よけにも効果があります。

シトロネラ

イネ科の植物なのに、レモンと似た柑橘系の香りのするシトロネラ。

汗の臭いや体臭を防ぐデオドラント効果も優れており、化粧水などにも使われていますが、その香りには防虫効果があり、特に蚊が嫌う香りなのでキャンドルやさまざまな防虫グッズに使われています。

レモンユーカリ

葉を揉むとレモンのような香りがするため、レモンユーカリと呼ばれており、虫よけと言えばこれ!と言うくらい重宝するアロマオイル。

蚊よけができるのに、筋肉痛にも良いという優れもの。

ラベンダー

主に鎮静作用があるとして有名なラベンダーですが、実は抗菌、殺菌作用もあり、防虫にも効果があると言われています。

中世ローマでは、ラベンダーの花を部屋の中に吊るして蚊やハエが寄り付かないよう虫よけにしていたそうです。

ゼラニウム

ハーブ系の香りの中に、ローズに似たフローラルな香りのゼラニウム。

ヨーロッパではゼラニウムには悪霊を払う力があると信じられており、家の周りにゼラニウムを植える習慣がありました。

現在でも窓辺にゼラニウムを置く習慣が残っているそうですが、防虫効果があることでも知られており、虫よけとしても使われています。

アロマオイルをお好みでブレンドして防虫効果をプラス

アロマオイルとスプレーボトル

アロマオイルはいくつか混ぜ合わせると、香りに深みが出ます。

ご自身の好みに合わせて好きなアロマオイルをチョイスしたら、防虫効果の高そうなものとブレンドしてお好きな香りにブレンドすることも!

中でも爽やかな香りが人気で今注目なのは、シトロネラ!

シトロネラの香りは、小さなお子様からお年を召した方まで好き嫌いがあまりないところが魅力ですのでおすすめです。

スポンサーリンク

アロマオイルの虫よけスプレーの作り方

アロマオイルを利用した虫よけスプレーは、実は簡単に作ることができます。

おすすめのレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■材料

  • アロマオイル(ゼラニウム4滴、ラベンダー4滴、レモングラス2滴)
  • 無水エタノール5ミリリットル
  • 精製水45ミリリットル
  • 遮光性のスプレー式のボトル

■作り方

  1. 無水エタノールを遮光性のスプレー式のボトルに入れる
  2. 1にアロマオイルを全て入れる
  3. 最後に精製水を入れて、よく混ぜ合わせる

こちらをルームスプレーとして網戸やカーテンに吹きつければ、家の中に虫が入ってくるのを防ぎます。

外出時の虫よけとして使用する場合は、洋服にスプレーしましょう。

敏感肌などではなく、普通肌であれば直接肌につけることもできますが、必ずパッチテストをしてからつけるようにしてください。

なお、防腐剤が入っていないため長期保存すると水が腐ってしまいますので、大量に作り置きするのはやめましょう。

冷暗所で保管して、およそ2週間を目安に使い切ってください。

また虫よけスプレー以外にも、アロマオイルで芳香浴することも同様の効果がありますのでおすすめです。

ちなみに、アロマオイルには虫を寄せ付けないという穏やかな効果はありますが、殺虫効果はありませんのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は虫よけ効果の高いアロマオイルの香りを活用した虫よけスプレーの作り方をご紹介しました。

アロマオイルを使った虫よけは、私たちの体に優しいというのが一番のポイント。

小さなお子様がいるご家庭や、自然のものにこだわりたい方にはピッタリですね。

アロマオイルを使った虫よけなら、香りを楽しみながらこれからの季節を快適に過ごせそうです。

ぜひご参考までに。

スポンサーリンク

虫よけカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。