エアコンから水がポタポタ!修理依頼する前に確認すべき6つの項目

エアコンから水がポタポタ!修理依頼する前に確認すべき6つの項目

暑い夏、エアコンで涼を取ろうとしたらエアコンからポタポタと水が!なんて経験はありませんか?

メーカーやエアコン業者に修理を依頼するのが一般的ですが、とにかく修理費用が高いですよね。

出張費5,000円に修理代20,000円なんてもったいない!

自分で解決できたらとっても助かると思いませんか?

※「」追記

「そこで今回は修理依頼する前に確認すべき6つの項目についてご紹介します。」

エアコン内部に原因がある場合の対処方法

水面ではねる水滴

エアコンから水が漏れてしまう原因はいくつかありますが、修理業者に依頼しなければ治らない原因の他に、実は自分で対処すれば解決するケースもあるんです

水がエアコンから漏れてしまって慌てて業者に連絡する前に、一度ご自身でチェックしてみてください。

まずはエアコン内部に原因がある場合と、その対処方法です。

エアコンフィルターが汚れている

エアコンフィルターに大量のほこりやごみが付着していると、いつまでも部屋が冷えないので、涼しくするために必要以上にエアコンの設定温度を下げてしまいがちです。

しかし、設定温度を下げることによって、同時にエアコン内部の温度も下がってしまうため、大量の結露が発生してしまいます

そのため排水しきれなくなったエアコン内部の水分が、エアコンから漏れてきてしまうのです。

※「」追記

「このような事態を避けるためには」2週間から1か月に一度、エアコンフィルターを取り外して掃除機でほこりを吸い取り、汚れがひどい場合は水洗いして完全に乾かしてからエアコンに戻しましょう

エアコンフィルターの汚れが原因で水が漏れていた場合は、これで解決するはずです。

スポンサーリンク

フィンに結露が付着している

エアコンフィルターの奥に位置していて、空気を冷やしたり温めたりするときの温度を変える役割をしている部品が『フィン』です。

フィンに付着した水滴は通常ドレンホースを伝って外に排出されますが、結露が大量になってしまうと排出しきれず、室内機から水が垂れてしまう原因に。

フィンを綺麗にするには、市販のエアコンクリーナーを使うことをおすすめします。

フィンに付着した汚れを軽く掃除機で吸い取った後、エアコンクリーナーを吹き付けて10分ほど放置するだけ。

日常のお掃除にも使えますので、エアコンクリーナーは常備しておくと良さそうですね。

ドレンパンが汚れている

エアコンフィルターとフィンを掃除してもまだ水が垂れている!というときは、ドレンパンの汚れ

疑ってみましょう。

ドレンパンはフィンで発生した水分を集める部分で、ドレンパンに溜まった水がドレンホースを通って屋外に排出される仕組みになっています。

ドレンパンに汚れがついている場合も綺麗にする必要があるのですが、ドレンパンは自分で掃除するには難しい部品なので、エアコンクリーニングの業者に「ドレンパンが汚れている」と伝えて掃除してもらうのがよいでしょう

ドレンホースに原因がある場合とその対処方法

草に埋もれた室外機

実はエアコンの水漏れに一番多い原因はドレンホースであると言われています。

では実際にどのような症状が現れるのでしょうか?

ドレンホースに不具合が起こっている

エアコン内部の水を排出するドレンホースが折れ曲がっていたり、破れていたりすると水が逆流してしまうことがあるので、一度ご自身でドレンホースがどのような向きで設置されているか確認してみましょう。

室内機よりドレンホースが下に位置するように手直しするだけで、水漏れが改善するケースも多いようです。

ご自宅の設置環境によっては自分で直すのが難しいこともあるので(高い場所や困難な場所に設置されている等)、そのような場合は無理をせず工事業者に依頼しましょう。

ドレンホースが水につかってしまっている

屋外に設置されているドレンホースの水の出口に水たまりができてしまったり、ゴミがたまってふさがってしまうと、室内機に水が逆流してしまうことがあります

水につかってしまっている場合は、水につからないように少し短くカットしたり、水の出口の位置を変えるといいようです。

枯葉などのごみがたまっている場合は、排出口のまわりを掃除しておきましょう

スポンサーリンク

ドレンホース内にゴミがたまっている

ドレンホースの内部にゴミがたまっていると、水漏れの大きな原因となります。

ドレンホースの排出口に手ぬぐいなどの薄い布を巻きつけて掃除機でごみを吸い取りましょう。

この時、ドレンホース内部の水を掃除機で吸い取ってしまうと掃除機が故障してしまうケースがあるので、数日冷房の使用を控えてから行ってください。

掃除機で吸い取るのに抵抗があるという方には、市販のドレンホース用ポンプをおすすめします。

水鉄砲のような要領で、ドレンホース内部のゴミをシュッと吸い取ってくれて、丈夫な作りになっているので一つ持っていてもいいかもしれませんね。

まとめ

意外に簡単な対処で、エアコンの水漏れを解消できるケースがあることが分かりました。

日ごろからちょっと気を付けるだけで防げるケースもありそうですね。

ご紹介した項目をクリアしても改善しない場合は、部品の故障の可能性がありますので、その時は早めにエアコン業者に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

カビ対策カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。