エアコンのカビを放置すると引き起こされる怖い健康被害とは?

エアコンのカビを放置すると引き起こされる怖い健康被害とは?

雨が多く湿気の多い梅雨の時期のジメジメした暑さ、梅雨明け後のジリジリとした暑さが続くとご家庭でもエアコンを使う機会が増えてきます。

しばらく使っていなかったエアコンを付けてみたら、なんともいえない嫌なニオイが漂ってきた経験はありませんか?

エアコンの嫌なニオイ、その原因の多くはカビです。

カビは目に見えないからと、そのままにしてしまうと恐ろしい健康被害を引き起こしてしまう可能性も。

そこで今回は「エアコンのカビに関する健康被害」についてご紹介します。

エアコンのカビが発生する原因

マスクをしておでこに手を当てる子供

カビは、60%以上の湿度・20度以上の温度・ホコリなどの汚れの付着という3つの要素が揃うと発生すると言われています。

エアコンは、部屋の空気を吸い込んで設定された温度に冷やしたり温めたりして吐き出すことを繰り返して

いるのですが、部屋の空気を吸い込むとき、部屋の空気中に漂っていたホコリや塵を一緒に吸い込んでしまうため、エアコンの内部に汚れが付着してしまうのです。

また、エアコンを使用している時のエアコン内部の湿度は、最大で90%以上にもなる言われていて、そこに室温や外気温が20度以上という条件が加わると、エアコン内部に溜まったほこりなどの汚れをエサにして、カビがどんどん繁殖してしまうと考えられています。

特に夏場使用することが多い冷房は、空気を冷やすときに大量の結露が発生するためカビが大量発生してしまうことも。

エアコンのカビが原因で引き起こされる健康被害

「エアコンのカビといっても、嫌なニオイがするくらいでしょ」なんて軽く考えていたら大間違いです。

ニオイをそのまま放置してしまってエアコンのカビを吸い込み続けてしまうと”重大な疾患”に苦しむことになりねません。

特にダイレクトに影響を受けてしまうのが赤ちゃんだと言われています。

免疫力が未発達な赤ちゃんは、大人だと咳や喉の痛みくらいで済んでしまうような症状でも、喘息や気管支炎にまで発展してしまうことがあるので季節の変わり目で咳が出てるのかなと様子を見ていたら、なかなかよくならない、呼吸が苦しそうなどの状況が続いたら早めに医師に相談してください。

あまり知られていませんが、喘息や気管支炎の主な原因はダニやカビなのです。

また、エアコンのカビが原因で湿疹やアレルギー症状が引き起こされるケースも報告されています。

湿疹などのかゆみに長く苦しんでいると、まず第一にアトピー性皮膚炎を疑ってしまいますが、実はエアコンのカビが原因である場合も少なくないのです。

大切にウイルスから守ってきたわが子が、自宅のエアコンが原因で苦しんでしまったら元も子もありません。

こうした疾患の原因のひとつにエアコンのカビがあるということを、頭の片隅に入れておいて損は無いでしょう。

スポンサーリンク

エアコンのカビは大人の喘息の原因に

エアコンのカビで被害を受けるのは赤ちゃんだけでなく、大人の喘息の原因になることをご存知でしょうか?

大人でもエアコンのカビが原因で咳が止まらない『咳喘息』を患ったり、アレルギー疾患にかかる可能性があり、もともとアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の方は、カビによって症状が悪化することもあるのです

アレルギー体質ではなくても、肌荒れやニキビなどの症状が出る場合は、エアコンのカビが『顔カビ』を繁殖させているかもしれません。

また、肺の痛みを伴い、喘息のような症状が現れる『夏型過敏性肺炎』も夏のエアコンを使う時期に多く見られるそうです。

このような恐ろしい症状が現れる前に、エアコンのカビ対策をしておく必要があります。

スポンサーリンク

エアコンカビの繁殖を予防する方法

エアコンから吹き出すカビ

エアコンカビを繁殖させないためには、何よりエアコン内部を綺麗に保つ必要があります。

エアコンのカビや汚れを取り除くには専門の業者に頼むのが一番ですが、エアコン専門業者に依頼すると費用が掛かってしまうため二の足を踏んでしまいますよね。

自分でできる対策としては、以下の3つの方法をおすすめします。

・エアコンフィルターを掃除する
・市販のエアコンスプレーを使用する
・エアコンの送風運転をする

エアコンフィルターは、ほこりや汚れがたまっていることが多いので、2週間~1か月に一度綺麗にしておきましょう

フィルターを取り外し、エアコンの外側に向いている面から掃除機をかけ、ほこりが大方取れたら裏面も吸い取ります。

しばらく放置してしまって汚れがひどい場合などは、水洗いして汚れをしっかり落とし、完全に乾燥させてからエアコンに戻してください

この時、エアコンフィルターに水分が残っていると、カビが繁殖する原因となってしまうので、ご注意を。

市販のエアコンスプレーは、エアコンフィルターのさらに奥の汚れを取りたい時に使用します。

エアコンフィルターを掃除した後に、エアコンスプレーを噴霧し、10分程度放置すればいいのでとても簡単です。

最後にご紹介するのは、冷房を使用してスイッチを切る30分前に送風運転に切り替えるという方法。

実は、これが一番カビ予防に効果的な対策です。

冷房を使用すると、エアコン内部に結露が溜まり、そのまま運転を停止すると水分がエアコンの中にとどまってしまいます。

冷房使用後30分程度送風運転することで、エアコン内部の水分を乾燥させ効果的なカビ予防となるのです。

夏の間冷房を使用したら、かならず最後に送風運転するというクセをつけてしまいましょう。

まとめ

ただ嫌なニオイがするだけだからと放置してしまうと、恐ろしい健康被害を引き起こすエアコンのカビ。

大切な家族に健康な毎日を送ってもらうために、日ごろからのこまめなエアコン掃除と送風運転を心がけましょう。

スポンサーリンク

カビ対策カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。