七夕にそうめんを食べる地域とオススメのご当地そうめんは?

七夕にそうめんを食べる地域とオススメのご当地そうめんは?

あなたのご家庭では七夕の日にそうめんを食べる習慣はありますか?

知らない人も多いかと思いますが、七夕の行事食はそうめんなんです。

七夕の行事食はそうめんですが、全国的に七夕の日にそうめんが食べられているのは少ないようですね。

そこで今回は七夕の行事食であるそうめんについて調査してみました。

七夕にそうめんを食べる地域は?

 

そうめん、薬味、めんつゆ

七夕にそうめんを食べる習慣は北海道や仙台などが多く、七夕にそうめんを食べるのは東北地方で大事な習慣となっていて、今も続いているということですね。

七夕にそうめんを食べるという風習は、節分に恵方巻を食べるというように知名度が高くないため、全国的にはあまり食べられていません。

そうめんとは関係ありませんが九州地方では七夕にみょうが饅頭を食べる習慣があるようです。

また長野県では七夕にそうめんの代わりに「ほうとう」という平たい麺を食べる習慣があるようですが、このほうとうの食べ方は「あんこやきな粉」を混ぜて食べるスイーツのような食べ方をします。

地域によって七夕に食べる食材はさまざまですね。

七夕にピッタリのご当地おすすめそうめん

 

全国にはたくさんそうめんブランドがありますよね。

中でもご当地そうめんのブランドといえば、

▪徳島県の半田そうめん
▪兵庫県の揖保乃糸
▪兵庫県の小豆島手延べそうめん
▪長崎県の島原手延素麺
▪三重県の三重ひやむぎ
▪岡山県の松乃雪手延べそうめん

この6つのご当地そうめんのうち、あなたはいくつそうめんブランドを知っていましたか?

「揖保乃糸」で有名なのは兵庫県、さらに徳島県の半田そうめんや岡山県の松乃雪手延べそうめんなども有名ですね。

揖保乃糸といえば「3食そうめん」があり、色はピンクと黄緑色と白です。

七夕の雰囲気を出すためのそうめんのアレンジにぴったりですね。

七夕に食べたい美味しいそうめんのゆで方

茹でる前のそうめんの束

大人にも子供にも人気のそうめんですが、そうめんもゆで方を間違えてしまえば美味しくありません。

冷やしそうめんで食べる場合のそうめんの正しいゆで方をご紹介します。

① できるだけ大きなお鍋にお湯を沸かしましょう。

最低でもお湯が2ℓは入り、そうめんがお鍋に浸かるくらいのお鍋が好ましいです。

② そうめんを茹でていきます。

お湯が沸騰するとそうめんを茹でていきましょう。

固めのそうめんがお好みの方は4分、柔らかめがお好みの方は5分程度茹でます。

沸騰したお湯にそうめんを入れる際には鍋にそうめんが当たるとすぐに焦げ付いてしまうので、おはしでゆっくり混ぜながらそうめんを入れてください。

③ そうめんを冷水で洗います。

茹であがったそうめんはすぐに冷水で洗いましょう。

すぐに冷水で洗うことによってそうめんが引き締まり、美味しくいただけます。

冷水で洗ったそうめんを軽く水を切り、お皿に盛りつけて出来上がりですが、お好みの野菜などを一緒にトッピングしても美味しいですよね。

七夕の行事食であるそうめんに合うメニューは?

▪ちらし寿司

七夕にそうめんとちらし寿司を食べるご家庭もあるようです。

七夕は5節句の1つですので、お祝いの意味も込めて食卓にちらし寿司が登場するということですね。

▪揚げ物

やっぱりそうめんだけでは脂っこいものも食べたくなりますよね。

また揚げ物は子供も大好物の食べ物です。

エビフライやちくわ天、野菜天、とり天、唐揚げなども良いでしょう。

▪ポテトサラダ

七夕のそうめんの他に子供も大人も大好きなポテトサラダもあると嬉しいですよね。

ポテトサラダを出す際に星形の人参をアレンジして乗せてみても良いですよ。

普段人参嫌いな子供も食べてくれるかもしれませんね。

まとめ

今回は七夕の行事食であるそうめんについてまとめてみました。

今までの七夕は行事食など気にしなかったという人も、今年はぜひ七夕の行事食であるそうめんを食べてみてくださいね。

それではステキな七夕をお過ごしください。

スポンサーリンク

七夕カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。