エアコンがカビ臭い!自分でできるエアコン掃除のやり方を徹底解説

エアコンがカビ臭い!自分でできるエアコン掃除のやり方を徹底解説

ぐんぐん気温が上がってエアコンを付けずにはいられない季節になってきましたね。

節電のためにしばらくエアコンを付けるのを我慢していたという方も、熱中症予防のためにもエアコンを付け始めているのではないでしょうか。

しばらく使っていなかったエアコンを付けてみたら、ムッとするようなにおいが部屋中に漂ってしまわないように、エアコンを使う前に徹底的にお掃除しましょう!

エアコンが臭う場所と原因

浮遊するカビ菌

エアコンから漂ういやなニオイの原因は、雑菌やほこり、そして健康被害も引き起こすおそれのあるカビ

エアコンから出るニオイの種類はいくつかありますが、タバコのヤニのニオイやペットなど動物臭以外のニオイはホコリ・雑菌・カビが原因であることがほとんどなのです。

エアコンは、上部から部屋の中の空気をエアコン内に取り込み、フィルターで細かいほこりを取り除いてからフィン(熱交換器)で空気を冷やしたり温めたりしてファンを使って部屋に送り出すという動作を繰り返しています。

そのため、空気を冷やすために空気が通る場所、フィルター・フィン・ファンに汚れがついていると嫌なニオイが発生してしまうんです。

エアコンのニオイで最も多いとされているのが「生乾きのようなカビ臭さ」。

掃除が行き届いていないエアコンの内部には、カビの栄養源となるホコリやチリがたくさんあるのでカビが増殖し、嫌なニオイを発生させてしまうことも。

ご自宅のエアコンをのぞいてみて、黒い斑点がついていたりほこりがたまっているようならエアコン内部が汚れてカビが発生しているかもしれません。

汚れたほこりやカビを部屋中にまき散らしてしまう前に、徹底的にエアコンを掃除してしまいましょう。

エアコン掃除徹底解説

エアコンが高い位置に配置されていたり自分で掃除が出来ない方は専門の業者に依頼することになりますが、多くの場合は自分でエアコンの掃除をすることが出来ます。

中には大掛かりな準備をするものもありますが、専門業者に依頼すると1~2万円はかかってしまうので費用を節約するためにもぜひチャレンジしてみてください。

ではエアコン掃除のやり方を順にご紹介します。

①エアコン周りが汚れないように準備する

養生したエアコン

エアコン掃除をする前に、家具などが汚れないようにゴミ袋や使わないタオルをかぶせたりして防御しておきましょう。

細かいゴミが飛び散って、大掃除することになりかねません。

もちろん、コンセントを抜いておくのも忘れずに

②ルーバーを綺麗にする

聞きなれない名前ですが、ルーバーとは、エアコンの風向きを変えるときにパタパタと動く場所のことを指します。

エアコンのスイッチを入れると一番最初に動き出すのがルーバーです。

取り外せるタイプのルーバーであれば水洗いも可能ですが、取り外せない場合はあまり力を入れすぎないように注意して拭き掃除してください。

③カバーを掃除する

前面パネルとも呼ばれるフィルターを覆っている部分

このカバーも取り外すことができますが、メーカーによって外し方が異なるため、詳細は取扱説明書で確認しましょう。

インターネットで取扱説明書を確認できる機種もありますので、取扱説明書をなくしてしまった時は探してみてくださいね。

カバーは結構大きいパーツなので、お風呂場で洗うのがおすすめです。

洗った後はしっかり乾かしておきましょう。

④フィルター掃除をする

フィルターは掃除したことがあるという人が多いのではないでしょうか?

カバーを開けると見える「細かい網戸のようなパーツ」がフィルターです。

部屋の空気を取り込んで、細かいチリやほこりを取り除く働きをしているので必然的にたくさんほこりがついてしまいます。

まずはお部屋側から掃除機で吸い取り、続いてエアコン内部側を吸い取ってから汚れがひどい場合は水洗いしてください

フィルターを水洗いした場合は、水分が残ったままエアコンに戻してしまうとさらにカビを繁殖させてしまう原因になりますので、しっかり乾かしてからエアコンに戻しましょう。

⑤フィンを掃除する

手順④までは取り外せるパーツでしたが、ここからは取り外せないパーツ”のお掃除スタート。

エアコンフィルターを外すと見える薄い金属がズラーッと並んでいる部分がフィンです。

汚れた水が垂れてくるので、エアコンにゴミ袋をガムテープなどで貼り付け水受けを作っておいてください

市販のエアコン洗浄用スプレーを使用して、フィンに直接スプレーしてしばらく放置しましょう。

おおがかりな掃除をイメージしていましたが、意外に簡単ですね。

⑥ファン掃除をする

フィンの奥に位置しているためよく見えませんが、竹のような形をした横長の筒の周りに一周羽根がついているのがファン

ファン専用のエアコン洗浄スプレーがインターネットや東急ハンズなどで購入できますので、そちらを使ってみてください。

ファン掃除にも市販の洗浄スプレーが使用できますが、ドラッグストアなどで購入できる安価なものではあまり効果が得られないといった意見も多くあるのでファン専用のエアコン洗浄スプレーをインターネットなどで口コミなどを中心に良さそうなものを購入してから使用してください。(東急ハンズなどで購入できます)

このファン専用のエアコン洗浄スプレーはムースとリンス2本セットで販売されており、ムース状の洗浄液をスプレーすると汚れに留まって汚れを浮かせて落としてくれます。

15分程度放置してからリンスをスプレーして汚れを洗い流すと、真っ黒に汚れた水が排出されますので、お部屋を汚さないように注意してくださいね。

⑦送風運転で乾燥させる

全てのパーツを掃除し終わったら、30分程度送風運転をしてエアコンの内部を完全に乾かしましょう

この工程をおそろかにすると、せっかく綺麗にしたエアコンにカビが生える原因になってしまいます。

必ず30分程度送風を行って、エアコン内部を完全に乾燥させてカビの生えにくい環境にしましょう。

まとめ

暑い夏を迎える前に徹底的にエアコンを綺麗にしておけば、汚れやカビを吸い込んで具合が悪くなるなんて心配もありません。

ただし、エアコンは精密機器なので自分で掃除するのが難しいと感じたら、無理をせず専門の業者に依頼することをおすすめします。

ピカピカになったエアコンで爽やかな夏を迎えましょう。

スポンサーリンク

エアコンカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。