夏バテとクーラー病は違う?自律神経の乱れが引き起こす症状と予防策

夏バテとクーラー病は違う?自律神経の乱れが引き起こす症状と予防策

夏に暑さを我慢しすぎてしまうと熱中症などの体調不良を引き起こすため、日常的にクーラーを使用することが常識になりつつあります。

でもクーラーで涼しくしているのに、体調がすぐれなかったりダルくなったりするのは夏バテだけが原因ではないかもしれません。

涼しくしているはずなのに体調がぐずれてしまうのは何故なのでしょうか?

そこで、クーラー病の原因や症状、予防策を調べてみました。

夏バテとクーラー病の違い

肩を押さえる女性

クーラー病は自律神経の乱れが原因で引き起こされますが、自律神経には「交感神経」と「副交感神経」が存在するのをご存知でしょうか。

「交感神経」は、体を動かしている時や緊張下で活発になる神経で、血管を膨張させて体温を下げる働きをしており、「副交感神経」は安静時に活発になる神経で、血管を縮めることで体温を調節する機能を持っています。

真夏の外気温が高い時期に、クーラーのよく効いた涼しい部屋と暑い屋外を行き来すると、身体が急激な温度差に対応しきれず混乱してしまい、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうのです。

自律神経は「血流や胃腸の活動」、「ホルモンの分泌」を調整する働きをしているため、消化器官が弱ってしまったり、ホルモンバランスが崩れて頭痛や生理不順を引き起こしてしまうことも。

クーラー病によく似た症状が現れる夏バテも、体内の熱を発散させる機能が乱れてしまうことが原因で引き起こされます。

しかし、夏バテは暑すぎて体温調節が追い付かず、湿度が高すぎたりすると汗をかけないため体温が下がらなくなってしまうことが原因

クーラー病は冷やし過ぎた室温が原因で体温調整機能が乱れることが原因なので、根本の原因に相違があると言えるかもしれません。

クーラー病の症状とは

エアコンのスイッチを入れる女性

クーラー病で自律神経が乱れてしまうと、さまざまな症状が体に現れます。

クーラー病は、温めれば改善すると思われるかもしれませんが、症状が慢性化してしまうと、寒さ対策をしていても冷房が効いた部屋に入ると症状が出てしまうという特徴も。

スポンサーリンク

頭痛・肩こり・腰痛

夏のランチに出かけ「暑い屋外から涼しい店内に入ったら頭痛がしたり吐き気が出てしまった」などの症状が現れたらクーラー病かもしれません。

自律神経が乱れることで血液がうまく循環しなくなってしまい、疲労物質が蓄積されるので肩こりや頭痛、腰痛を引き起こしてしまいます。

疲れやだるさを感じる

自律神経が乱れてしまうと代謝も悪化するので、むくみやだるさを感じたり、疲労感が抜けなくなりといった症状が現れることがあります。

そのまま放置してしまうと免疫も同時に下がってしまうのでウイルスの攻撃に弱くなり風邪などを患ってしまったり、睡眠の質も悪化し、不眠の原因になることも。

月経不順・ひどい生理痛

自律神経の乱れが原因でホルモンバランスが崩れるという報告もされています。

女性の場合は月経不順になったり、生理痛がひどくなることもあるのでご注意を。

クーラー病の予防と対策

カラフルな花とアロマオイル

クーラー病の原因は自律神経の乱れなので、自律神経が整えば改善するでしょう。

簡単にできるものではアロマテラピーや森林浴で心も体もリラックスさせる方法。

温かいお湯にラベンダーやレモンなどリラックス効果のあるアロマオイルを垂らし、足を温める足湯も自律神経を整えるのに効果のある方法です。

加えて日ごろからできるクーラー病対策もご紹介します。

体を温める

クーラーが効いた部屋ですごす際には、カーディガンやストールなどさっと羽織れるものを持参して体温調節をしたり、それでも寒さを感じる場合は使い捨てカイロを腰や足に貼って体を温めましょう

肩こりや頭痛の症状がある場合は、スカーフなどで首や肩周りを温めると血流が改善し症状が緩和されます。

冷えは足元から来ることが多いので、オフィスで座ったまま動くことが難しい場合は、靴下を2枚重ね履きしたり、レッグウォーマーを履いて対策しましょう。

暑い夏は冷たい食べ物や飲み物を選んでしまうことが多いかもしれませんが、体の中から温めるのもクーラー病予防につながるので、しょうがが入った温かいメニューなどを積極的に取り入れるようにしてみるのもいいかもしれません。

逆に夏野菜のトマトやきゅうり、コーヒーや緑茶は体を冷やす食材なので、摂りすぎには十分注意しましょう。

冷えの原因は血流が滞ることでも引き起こされるので、適度な運動も効果的

血流を改善するには、座りっぱなしではなく立ち上がったり軽くストレッチするだけでも効果があるので、是非仕事の合間に試してみてください。

スポンサーリンク

エアコンの設定温度を改善

クーラー病は外気温と室温の温度差が大きいことが原因で引き起こされますので、外の気温と室内の温度の差を5℃程度にとどめるように心がけましょう。

かといって、外の温度が40℃に近い時にマイナス5℃では快適とは言えないので、エアコンの設定温度を28℃程度にして、服装などで調節してください。

シャワーで済ませず湯船につかる

夏は浴室も暑くなるのでどうしてもシャワーだけでさっと済ませてしまうことが多いかもしれませんが、お湯にゆっくりつかることで自律神経の機能をアップさせることができます。

38℃~40℃程度のお湯に15分毎日つかるだけで、冷えにくい体に徐々に変えることができますし、じっくり湯船につかってふくらはぎを軽くマッサージすると、汗をかきやすい体作りにも役立つとともに、血流改善にもつながる効果も。

また、新陳代謝も活発になるので、疲労が回復したり、肩こりや腰痛の改善も見込め、お風呂のリラックス効果で安眠を促進してくれるでしょう

まとめ

混同されがちな夏バテとクーラー病ですが、根本的な原因が異なるということが分かりました。

ご紹介した対策を試しても症状が改善されないというときは、医療機関を受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。