電気代が安い?高い?窓付けエアコンのメリットとデメリット

電気代が安い?高い?窓付けエアコンのメリットとデメリット

街を歩いていて、窓に直接設置されているエアコンを見たことはありませんか?

窓付けエアコンは、室外機と室内機が一体になったエアコンで、窓に直接取り付けることができます。

室内機部分を部屋の中に、室外機部分を屋外に出すことができる場所に設置する必要があるため、窓に直接取り付けられていることがほとんど。

そこで、窓付けエアコンの電気代は壁付けエアコンに比較してお得なのか、メリットとデメリットに焦点を当てて調べてみました。

窓付けエアコンのメリット

真夏の日差し

一般的に多く流通している壁掛けエアコンではなく、窓付けエアコンを選ぶ人が一定数いるのには、いくつかのメリットがあるからなんです。

壁に穴を開ける必要がない

壁に設置するエアコンは、取り付ける際、壁に「コア抜き」と呼ばれる処置を施す必要があるため、どうしても壁に穴を空ける必要があります。

一方窓付けエアコンは壁に穴をあける必要が無いので、入居時エアコンが設置されていない賃貸マンションに自己負担でエアコンを設置する場合にも利用でき、部屋を退出する際に修繕費用を支払う必要もありません

自分で取り付けができる

「窓付けのエアコンは」引き戸タイプの窓を開けた状態で設置するので、取扱説明書などのマニュアルがあれば、専門業者でなくても自分で簡単に取り付けることが可能なため、高額の工事費用を請求されることもありません

ドレーンホースや配管も必要ないので、窓付けエアコンのみ購入してしまえばそれ以上の余計な出費もなく安心して使えるのが窓付けエアコンの特徴です。

本体価格が安い

6畳タイプで比較すると、窓付けタイプが安いもので25,000円程度なのに対し、壁付けタイプは40,000円以上とかなりの開きがあるようです。

予算に余裕のある方は壁付けタイプを選んでもいいかもしれませんが、そうではない方には窓付けタイプのエアコンの方がお財布に優しいようです。

スポンサーリンク

不要な時期は取り外すことができる

壁付けタイプのエアコンは一度取り付けてしまうと使用しない時期であっても取り外すことが出来ないため、ホコリが付きやすくカビが繁殖しやすいといったデメリットがあります。

一方、窓付けタイプのエアコンは”ねじやパッキン”を使って取り付けるため、エアコンを使わない季節には取り外して収納しておくことができ、エアコン本体や室外機の劣化を遅らせることができます。

また、自己負担で賃貸物件に窓付けエアコンを設置した場合にも、専門業者に依頼する必要もなく自分で取り外して原状回復することが可能なのもうれしいポイント。

窓付けエアコンのデメリット

ここまでは窓付けエアコンのメリットをお伝えしましたが、実は窓付けエアコンにもそれなりのデメリットがあります。

中でも代表的なデメリットを4つご紹介するので、壁付けか窓付け、どちらを選べばいいか分からない方は参考にしてみてください。

電気代が高い

1ヶ月あたりの電気代で比較すると、6畳用エアコンを1日8時間運転した場合窓付けエアコンは約3,200円、壁付けエアコンは約2,300円と、約1,000円もの開きがあります。

窓付けタイプのエアコンには、室温に対して細かく電力消費の抑制をする機能がついていないため、どうしても余計な電力を消費してしまうので、電気代が壁付けタイプに比べて高くなってしまうんです。

防犯上問題がある

窓付けエアコンは”窓を開けた状態で設置”する必要があるため、しっかり窓を閉めることができなくなってしまいます。

つまり窓付けエアコンを設置しようとすると、常に窓が半開きの状態になってしまうので防犯上の問題があるというわけです。

ただし、これは何の対策をしなかった場合の話。

ホームセンターなどで窓を途中でも施錠できる補助の鍵が販売されていますので、窓付けエアコンの付属品にない場合は補助キーを利用する事で防犯上の対策を行うことができます。

掃除が大変

エアコンが汚れたまま使用すると「ほこりを吸い込んでしまったり、カビが発生」してしまい健康被害を避けるためにも定期的に掃除をするのが理想なのですが、窓付けエアコンは分解しないと内部を掃除できないので壁付けタイプに比べて掃除に手間がかかってしまいます。

自分でドライバーを使ってエアコンを分解し、きちんと元の状態に戻す技術のある方なら問題ありませんが、自信がない場合は専門の業者に依頼する必要がありそうです。

音が大きい

窓付けエアコンは壁付けエアコンとは異なり、インバーター機能が搭載されていないため、コンプレッサーが切り替わる際に「ドンッ」という大きな音が出ます

また、室外機と一体であることから室外機の音も部屋の中に響くので、寝室に設置するとうるさくて眠れない可能性も

ただし最近の新しいモデルでは、図書館並みの静かさを売りにしているタイプもあるようなので、これから窓付けタイプのエアコンを選ぶ際には運転音が静かな機種を選びましょう。

窓付けエアコンをお得に使うには

冷房28℃設定のリモコン

窓付けエアコンは壁掛けタイプのエアコンとは異なり、全力で運転して設定温度まで冷やしたら止まり、また温度が上がったら全力運転で設定温度まで冷やすという運転を繰り返しているため、電力を多く消費してしまいます。

電気代の高い窓付けエアコンですが、どのように使うと電気代を抑えることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

エアコンのスイッチを入れる前に換気をする

外出先から戻ってムッとするような部屋に入ると、すぐにエアコンのスイッチを入れたくなりますよね。

でもこのままの状態でエアコンをつけてしまうと「高い温度から設定温度まで下げるのに、エアコンは大量の電力を消費してしまう」ので、エアコンのスイッチを入れる前に部屋の中の熱気を屋外に逃しましょう。

部屋の熱を逃がすには、部屋の窓を開けて、扇風機を使って暑い空気を屋外へ流すようにする方法が効果的です

部屋の換気をするだけでかなり室温が下がるので、それだけ電気代の節約に繋がります。

エアコンのスイッチを入れた後も、エアコンと扇風機を併用するとより涼しく感じるという利点もあるので、エアコンをつける前に部屋の風通しを良くして省エネを心がけてください。

設定温度を下げ過ぎない

窓付けエアコンは「設定温度まで全力で運転して室温を下げる」という特徴であるので、最初から目的の室温にするのではなく、徐々に設定温度を下げると電気代を節約することが出来ます

エアコンは室温を1℃下げるために、5~10%の電力を消費すると言われているで、設定温度を下げ過ぎないように心がけてください。

日差しを避けるため、カーテンを閉める

エアコンを使ってどれだけ室温を下げても、部屋に直射日光が当たる状況を放置してしまうと電気代が余計にかかってしまいます

窓から差し込む日差しを避けるだけで、かなり涼しく感じることができますので、エアコンの設定温度はそのままでカーテンを閉めてみてください。

遮光カーテンを利用したり、窓ガラスに断熱シートを貼りつけるとさらに暑さを軽減することができ、同時に電気代の節約にもつながります。

まとめ

電気代が壁掛けエアコンより高いというデメリットのある窓付けエアコンですが、たくさんのメリットがあるということも分かりました。

高くなりがちな電気代を抑えるための対策を万全にして、窓付けエアコンのメリットを十分に堪能してくださいね。

スポンサーリンク

エアコンカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。